« 6位フィニッシュのボーデ、ペナルティで10位降格へ | トップページ | 背水のピケ・ジュニア、それでも放出は変わらず? »

2008/10/12

ペナルティのボーデ、「衝突の非はマッサのほうに」

日本GP決勝レースでのアクシデントにより、審査委員会からペナルティを科せられたトロ・ロッソのセバスチャン・ボーデだが、本人は「衝突の非はマッサのほうにある」と、主張した。
Sebastien Bourdais (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
「確かにあの時僕はピットアウトしたばかりだったけれど、マッサと接近した時にはすでにバトル状態にあったんだ。
彼が来ているのはわかっていたし、僕は十分に注意して出て行ったのだから、アクシデントの原因が一方的に僕にあるというのは納得できないな。
だいたい僕が彼を押し出した訳じゃなく、僕は進路をふさがれたほうなんだから。
彼がきちんと相手にスペースを残していたならば、こんなことはそもそも起きなかったんだよ」

またチャンプカーで何度もタイトルを獲得した経験から「僕も何度も彼と同じような立場を経験しているけれど、チャンピオンシップを獲ろうとするようなドライバーは、あんな不必要な危険は犯さないものさ」とも付け加えた。

|

« 6位フィニッシュのボーデ、ペナルティで10位降格へ | トップページ | 背水のピケ・ジュニア、それでも放出は変わらず? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42765733

この記事へのトラックバック一覧です: ペナルティのボーデ、「衝突の非はマッサのほうに」:

» F1日本GP決勝、アロンソが優勝 [篤姫 F1ブログ_ホンダジェット]
F1日本グランプリは4位スタートのアロンソが圧巻の2戦連続優勝。 しかし・・・ ワールドチャンピオンを争っている2人がやりました。 ... [続きを読む]

受信: 2008/10/12 21:03

» 相手はフェラーリだからね。。 [無線操縦英国車(極)少数派]
ペナルティのボーデ、「衝突の非はマッサのほうに」いくらボーデ(ブルデー)が主張しても、フェラーリ相手ぢゃ不利ですな。相手が、ハミルトンならどうだったかと言うことは想像に難くないですね。かなりの確率で、ハミルトンへの魚雷で食らったペナルティの”穴埋め”な...... [続きを読む]

受信: 2008/10/13 19:18

« 6位フィニッシュのボーデ、ペナルティで10位降格へ | トップページ | 背水のピケ・ジュニア、それでも放出は変わらず? »