« エクレストン氏、「次のナイトレース候補 鈴鹿」 | トップページ | マレーシアはナイトレース化を拒否 »

2008/10/01

フェラーリ一丸、「ミスは不運な出来事」

シンガポールGP決勝レース、フェラーリ・チームは17周目に行った当時首位を走っていたフェリッペ・マッサのピットストップで痛恨のミスを演じ、事実上このレースを失うこととなった。

原因はフェラーリ・チーム独自の電気信号システムを操作したメカニックのミスということが判明しているが、チームはこれが内部に不協和音を起こさないよう必死のようだ。
Stefano Domenicali (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ステファーノ・ドメニカリ代表は「われわれはチームが一つになって戦っていて、どんな成功もどんな失敗も誰か個人の責に帰するようなことはない。
彼の仕事はたいへん難しいものであって、誰もこれを追求しようなどとしていない」と明言した。
また一番の損害を被った当事者のマッサも、レース後落ち込んだこのスタッフを慰めたということだ。

チームは今後も従来のロリポップに戻すことは考えていないとしている。

|

« エクレストン氏、「次のナイトレース候補 鈴鹿」 | トップページ | マレーシアはナイトレース化を拒否 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42649420

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ一丸、「ミスは不運な出来事」:

» シンガポールGP [じゅんこの出来事]
ホンダ、第15戦シンガポールGP決勝レースでバトン9位完走 日本経済新聞第15戦... [続きを読む]

受信: 2008/10/01 10:18

« エクレストン氏、「次のナイトレース候補 鈴鹿」 | トップページ | マレーシアはナイトレース化を拒否 »