« FIA、「『統一エンジン案』は一つの選択肢」 | トップページ | バリチェッロ、「ブラジルGPがF1最後の舞台じゃない」 »

2008/10/27

デニス代表、タイトル獲得に向けハミルトンに『人参』

2008年の初タイトルを目前にしているルイス・ハミルトン(イギリス)だが、マクラーレン・チームのロン・デニス代表は両タイトル獲得した場合に向けご褒美を目の前にぶら下げているという。
McLaren F1 LM (C)McLaren Group
拡大します
それは、もし2009年末までにドライバーズ・チャンピオンシップ&コンストラクターズ・チャンピオンシップの両タイトル獲得が実現した場合、マクラーレン・グループが世界に誇るスーパーカー『マクラーレンF1-LM』をハミルトンにプレゼントするというもの。

ロン・デニス代表自慢・時速384キロを誇る同車は、まだロードカーとして世界に6台しか登録されていないという稀少車だ。

今季チャンピオンに輝けばまだ23歳9か月。
アロンソの24歳を抜き、史上最年少チャンピオンになるハミルトンは、その夢の達成のため夜寝る時も首にウェイトを掛けて筋力アップを図っていると伝えられる。

|

« FIA、「『統一エンジン案』は一つの選択肢」 | トップページ | バリチェッロ、「ブラジルGPがF1最後の舞台じゃない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42917965

この記事へのトラックバック一覧です: デニス代表、タイトル獲得に向けハミルトンに『人参』:

« FIA、「『統一エンジン案』は一つの選択肢」 | トップページ | バリチェッロ、「ブラジルGPがF1最後の舞台じゃない」 »