« FIAとFOTA、2009年からのコスト削減案で劇的合意 | トップページ | カナダGP主催者、復活に向け運動 »

2008/10/22

マクラーレン首脳、「ハミルトン非難は強さ故のこと」

いよいよ最終戦ブラジルGPに初のタイトル獲得を掛けるマクラーレン・チームのルイス・ハミルトンだが、このところ他のドライバーからは非難の声が高まっている。
Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
こうした状況について同チームのマーティン・ウィットマーシュCEOは、「どんな分野においても頂点に立つ者は非難にさらされるものだ。
しかしハミルトンはまだF1で2年目の若者。
至らない部分はあるだろうが、彼は急速にあらゆることを学んでいるよ」と、擁護。
またこうした見方については、かつてF1で皇帝と呼ばれたミハエル・シューマッハも同意しているという。

ただし注目される今季のチャンピオンシップの行方について同CEOは、「もちろんわれわれは最終戦でもハミルトンに勝利を与えるべくチーム一丸となっての支援を惜しまないが、しかしこれだけは他の要素もありまったく予断を許さない」と、慎重だ。

ちなみに昨年ハミルトンは4ポイントのリードという同じような状況で最終戦を迎えたが、逆転でタイトルを逃がすという苦汁をなめている。

|

« FIAとFOTA、2009年からのコスト削減案で劇的合意 | トップページ | カナダGP主催者、復活に向け運動 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42867539

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン首脳、「ハミルトン非難は強さ故のこと」:

» アンチ・ハミルトンという立場、理由。 [◆ 桃尻開発研究所 ◆]
アンチ・ハミルトンに対して、チャンピオンになったら手のひら返すだろうという意見もちらほら見える。 なので、チャンピオン決定の前にワタクシの立場をはっきりとさせていただきたい。... [続きを読む]

受信: 2008/10/22 21:30

» 決戦は最終戦へ! [ファイトクラブ!資格道]
ハミルトンの完封勝利で中国GPが終わった。 ランク2位のマッサが2位に入ったので [続きを読む]

受信: 2008/10/23 12:47

« FIAとFOTA、2009年からのコスト削減案で劇的合意 | トップページ | カナダGP主催者、復活に向け運動 »