« 中嶋一貴(ウィリアムズ)、「予選コンディション難しかった」 | トップページ | トヨタ 日本GP公式予選の模様 »

2008/10/11

ホンダ 日本GP公式予選の模様

honda_f1_logo第16戦 日本GP 2日目・予選
「予選は、バリチェロ17番手、バトン18番手」
10月11日・土曜日(2日目・予選) 天候:晴れ 気温:21~23度

日本GPの2日目・予選で、Honda Racing F1 Teamのルーベンス・バリチェロは17番手、ジェンソン・バトンは18番手に終わった。

Honda Racing F1 Team 2日目の展開:
朝のうちひとしきり雨が降り、午前中のフリー走行はほぼウェットの状態で始まった。
それでも20分ごろからは、次々と浅溝のスタンダードウェットに履き換える。
徐々に青空が広がっていくものの、路面は完全には乾かない。
このセッション、バリチェロは17番手、バトンは18番手だった。

昼過ぎには日が射し始め、予選はほぼドライ路面で始まった。
第1セッションの2回目のアタックで、バリチェロ8番手、バトン11番手というポジションを得る。
しかし、最終アタック直前では、14、16番手まで順位が後退。
最後の望みを託し、新しいオプションタイヤでアタックを試みるも、ジェンソンはタイム更新ならず18位。
一方のバリチェロは最終アタックを断念、結果17位に終わり、二人とも第2セッション進出を果たせなかった。

Jenson Button (C)Honda Racing
拡大します
■ジェンソン・バトン
3回目フリー走行18番手1分26秒922
予選18番手 1分19秒100

Q. 難しいホームレースとなったが、どのような問題があったのか?
A. 今日は僕らにとって最良の日ではなかったが、明日のレースはもっと良くなると期待している。
この週末はずっとマシンと格闘し、よいバランスを見出せなかった。
午前中、ウエットだったときにマシンの調子は良かったのだが、ドライ路面では、路面のデコボコやコーナーでマシンが不安定になり、それを解決することができなかった。
予選の最後のアタックではすごくアンダーステアが出ていた。
そのためにマシンが安定せず、コーナーを曲がるのが大変で、ラップタイムを縮められなかった。
残念な結果だが、あとは今あるパッケージでベストを尽くすだけだ。

■ルーベンス・バリチェロ
3回目フリー走行17番手 1分26秒662
予選17番手 1分18秒882

Q. 今日の予選はタイム差が非常に接近していて、最終的には残念な結果だったが?
A. 2回目のアタックはいいラップだったが、中団の後方になってしまい、あとコンマ3秒ほどあれば10番手にも入れただけに残念だった。
このアタックで、すでに限界まで攻めていたので、最後のアタックでは賭けに出て、フロントウイングを少しだけ立てた。
残念ながら、これがセクター2でタイヤにグレイニングを引き起こす結果となり、タイムを縮めることはできなかった。
ホームレースでいい予選ができなかったのが残念だが、明日のレースではあらゆるチャンスを最大限に活かしていきたい。

■スティーブ・クラーク Honda Racing F1 Team  レース兼テスト担当 ヘッド・エンジニア

Q. 今日はチームにとってどのような予選だったか?
A. 残念ながら、この週末を迎える前から、富士はわれわれの今のパッケージにとって厳しいだろうとわかっていた。
しかしながら、今日の結果が落胆するものであることに変わりはない。
ウエット状態だった午前の後、予選がドライになったことから、夜のうちにセッティングしたマシンを煮詰めることができず、未知の領域に踏み込むかのようだった。
実際、予選の序盤、特にルーベンスにとってマシンは非常に良かった。
オプション(ソフト側)タイヤの1セット目が終わったときには、どちらのマシンとも快適に走っており、Q2に進める位置にいた。
その後、2セット目のオプション(ソフト側)タイヤに換えたが、それが2人のドライバーのどちらにとってもうまくいかなかった。
オプションタイヤには、グリップがあったが、より繊細で両マシンともにグレイニングが出ていた。

|

« 中嶋一貴(ウィリアムズ)、「予選コンディション難しかった」 | トップページ | トヨタ 日本GP公式予選の模様 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42754076

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ 日本GP公式予選の模様:

» 為す術無しのホンダ [F1日本GPモード・予定は未定であって決定ではない]
為す術無し、まさにそんな状況だ。自分たちのマシンの状況すら全くつかめない状況が続く、ホンダチーム。それでも、フォースインディアを上回ったのは、母国GPの意地とでも言っておこうか。しかし、どちらにしてもこんなグリッドでは決勝レースでの躍進は全く望めまい。... [続きを読む]

受信: 2008/10/11 19:23

» F1(4491) 来季のドライバー発表は急がない! [戀は糸しい糸しいと言う心]
              ホンダF1チームのロス・ブラウン、来季のドライバーラ [続きを読む]

受信: 2008/10/12 01:33

» F1日本GP予選 [篤姫 F1ブログ_ホンダジェット]
ハミルトンがポール。 ワールドチャンピオンに向けて最高のグリッドを獲得しています。 7ポイント差でハミルトンを追うマッサは5位。 ま... [続きを読む]

受信: 2008/10/12 09:28

« 中嶋一貴(ウィリアムズ)、「予選コンディション難しかった」 | トップページ | トヨタ 日本GP公式予選の模様 »