« ハイドフェルドにはグリッド3番降格ペナルティ | トップページ | バリチェッロ、インディカー・テストの噂否定 »

2008/10/19

トヨタ 中国GP公式予選の模様

F1第17戦中国GP 公式予選
J.トゥルーリは8番グリッド、T.グロックは12番グリッドからスタート

天候:晴れ 気温:28-29℃ 路面温度:33-36℃

2008年最高グリッド:3位 ヤルノ・トゥルーリ(マレーシア)
2008年最高順位:2位 ティモ・グロック(ハンガリー)

F1第17戦中国GPの公式練習第3回目と予選が、中国の上海インターナショナル・サーキットで行われた。
公式練習第3回目では、ヤルノ・トゥルーリが5番手、ティモ・グロックが17番手のタイムを出した。
予選第1セッションでは、ヤルノ・トゥルーリが8番手、ティモ・グロックが9番手で、2台揃って第2セッションへと進出した。
続く予選第2セッションでは、ヤルノ・トゥルーリが10番手のタイムを出し、第3セッション進出を決めた。
一方、ティモ・グロックは13番手となり、最終第3セッション進出を逃した。
予選第3セッションで、ヤルノ・トゥルーリは9番手のタイムを出した。

Jarno Trulli (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
ヤルノ・トゥルーリ:カー・ナンバー11 シャシー:TF108/05
公式練習3回目:5番手 1分36秒396(トップと0.335秒差) 22周
予選第1セッション:8番手 1分36秒104(トップと0.538秒差) 7周
予選第2セッション:10番手 1分35秒715(トップと0.768秒差) 6周
予選第3セッション:9番手 1分37秒934(トップと1.631秒差) 6周
グリッド:8番手(暫定)

「今日の予選は厳しかったよ。
昨日と今日の公式練習のパフォーマンスからは、もっと良い結果を期待していたんだけどね。
でも、今日の午後になって、路面の何かが変わってしまったみたいだ。
タイヤはさらに滑るようになり、グリップが失われてしまったみたいだったから、奇妙だったよ。
明日はどうなるだろうね。
公式練習では、力強い走行ができていたけれど、今のところ、天気が定かではないんだ。
タイヤの扱い方に影響してくるから、暖かいコンディションになることを願っているよ。
言うまでもなく、少しでも多くのポイントを獲得するためにプッシュしていくつもりだ」

ティモ・グロック:カー・ナンバー12 シャシー:TF108/07
公式練習3回目:17番手 1分37秒053(トップと0.992秒差) 22周
予選第1セッション:9番手 1分36秒210(トップと0.644秒差) 10周
予選第2セッション:13番手 1分35秒937(トップと0.990秒差) 6周
グリッド:12番手(暫定)

「厳しい週末となってしまった。
今日の午後の予選セッションは難しかった。
週末を通して、クルマの適切なバランスを見つけるのに手こずっていた。
予選の第1セッションと第2セッションの走行は問題なく、昨日に比べて良くなっていたんだ。
けれど、ソフトタイヤの性能を引き出しきれなかった。
トラフィックは問題なかったけれど、周回を重ねる度にクルマの感覚が異なっていて、良い状態に持っていくのが難しかった。
週末を通して、適切なセットアップを見つけるのに苦労したけれど、明日のレースでは、順位をあげるために頑張るよ」

パスカル・バセロン:シャシー部門シニア・ゼネラル・マネジャー

「われわれの期待にそぐわぬ、残念なセッションとなってしまった。
公式練習は順調で、特にヤルノは良かった。
ティモは若干手こずっていたが、予選第1セッションでは良い状態を取り戻せたかのように見えた。
しかし、予選第2セッションと第3セッションで、状況が悪い方向に行ってしまった。
全セクターのタイムをまとめると、ティモは予選で10位以内に入れただろうが、ひとつの走行でまとめあげることができなかった。
ヤルノに関しては、かろうじて第3セッションに進出することができた。
これ以上述べるのは難しいが、何が起きたかを調べなければならない。ある時点において、非常に悪いセクターが何回かあり、解釈に苦しんでいるが、今夜のうちに作業をしなくてはならない。
なお少なくとも、タイヤ選択に関しては明確である。
予選でのベストタイヤは勿論のこと、明日のレースでのタイヤ選択もはっきりしている」

新居章年:技術コーディネーション担当ディレクター

「午前の公式練習までは少々楽観的だったが、われわれにとって厳しい予選結果となった。
ヤルノは予選が始まってすぐにクルマのバランスが朝と異なっていることに気が付いたが、空気圧とフロントウィングのフラップ角度だけでは調整しきれず、予選9番手に留まった。
逆に、ティモは朝に比べ、プライムタイヤでのバランスは良くなったが、オプションタイヤでグリップが出ず、予選第3セッションへ進出できなかった。
明日のレースは、気持ちを切り替え、ティモには最適なストラテジーを準備し、二人のドライバーとチーム全員、一体となりレースを戦いたい」

|

« ハイドフェルドにはグリッド3番降格ペナルティ | トップページ | バリチェッロ、インディカー・テストの噂否定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42833782

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ 中国GP公式予選の模様:

» '08F1中国GP、予選。 [◆ 桃尻開発研究所 ◆]
ハイドフェルドに3グリッド降格のペナルティ、ウェバーはエンジン交換で10グリッド降格。 [続きを読む]

受信: 2008/10/20 00:06

« ハイドフェルドにはグリッド3番降格ペナルティ | トップページ | バリチェッロ、インディカー・テストの噂否定 »