« ライコネン、「フェラーリ1-2勝利が自分のベスト」 | トップページ | 中国GPはフリー走行2回目もハミルトンが最速! »

2008/10/17

中国GP最初のフリー走行はハミルトンがトップタイム

いよいよ今シーズンもラスト2戦となったF1グランプリ、第17戦中国GPのフリー走行がスタート。
特に大きなアクシデントなどはなかったが、ハミルトンが13コーナーで足を取られオーバーラン、またトヨタのトゥルーリやレッドブルのウェバー、ホンダのバリチェッロらがコースオフする場面を演じている。

最初のセッションでトップタイムを記録したのは、初タイトル獲得に向け大詰めを迎えるマクラーレン・チームのルイス・ハミルトンだった。
2番手にはそのハミルトンを猛追するフェラーリ・チームのフェリッペ・マッサで、タイム差は0.390秒というものだった。
また3番手にライコネン、4番手にコバライネンと、ここでも2強4人が並び、以下5番手にBMWザウバーのクビサ、6番手ルノーのアロンソ、7番手BMWザウバーのハイドフェルド、8番手トロ・ロッソのボーデ、9番手ルノーのピケ・ジュニア、そして10番手トロ・ロッソのベッテルというトップ10になった。

ウィリアムズは中嶋一貴が13番手、ロズベルグが15番手。
トヨタはグロック16番手、トゥルーリ18番手。
ホンダはバトン12番手、バリチェッロは17番手だった。

中国GPフリー走行1回目の結果はこちら

|

« ライコネン、「フェラーリ1-2勝利が自分のベスト」 | トップページ | 中国GPはフリー走行2回目もハミルトンが最速! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国GP最初のフリー走行はハミルトンがトップタイム:

» 槍玉ボンバー [まだだ、まだ終わらんよ…~SAF1はあと○年は戦える~]
ハミちんのドライビングが槍玉に上がったようですね。 FMotorsportsさんより ハミルトンのドライビング、中国GPで槍玉に このところ複数のドライバーから指摘されるルイス・ハミルトンの「危険なドライビング・スタイル」について、17日(金)行われる中国GPでのドライビング・ブリーフィングで議題の一つに挙げられる可能性が高まってきた。 あせっている時のハミちんの走りはダーティーそのものです。気持ちが先走っているんでしょうけど。 今年の序盤に同一周回の琢磨とフィジコに中指立てた... [続きを読む]

受信: 2008/10/17 14:51

« ライコネン、「フェラーリ1-2勝利が自分のベスト」 | トップページ | 中国GPはフリー走行2回目もハミルトンが最速! »