« 2009年確定F1カレンダー(10/7) カナダGP消滅 | トップページ | FIA、FOTAとの交渉で『強権発動の権利』 »

2008/10/08

フェラーリ、日本GPでは再びロリポップマン

先のシンガポールGPでは自慢の電気信号システムが破綻、思わぬアクシデントを誘発してしまったフェラーリ・チームでは、今週の日本GPには再び従前のロリポップマンを導入することを明らかにした。
Ferrari Team Garage (C)Ferrari S.p.A
拡大します
これは同チームのステファーノ・ドメニカリ代表がイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』紙に明かしたもので、チームによればシステムそのものに支障は確認されていないものの、ピットクルーの間での信頼を取り戻すまで、電気信号システムは使わない方針を決めたということだ。

日本GPでは2004年のシューマッハ以来、勝利から遠ざかっているフェラーリだが、タイトル争いから脱落しないためにも今週小さなミスも許されない状況だ。

|

« 2009年確定F1カレンダー(10/7) カナダGP消滅 | トップページ | FIA、FOTAとの交渉で『強権発動の権利』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42721086

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ、日本GPでは再びロリポップマン:

» 何でシーズン中に導入したんだろうね? [F1日本GPモード・予定は未定であって決定ではない]
やはり、元に戻しますか、、、というか当然と言えば当然なんだけどねぇ。もちろん、様々な改善が為されると思って導入したはずですが、結果としてどちらのドライバーもこのシステムにしてからあり得ないミスを出してしまっているので、元通りにするのが一番でしょうね。... [続きを読む]

受信: 2008/10/08 10:19

» フェラーリのロリポップマン復活 [:: 246 log ::]
ロリポップを廃止し、電子装置にしたところ、ライコネンとマッサ共にピットストップで... [続きを読む]

受信: 2008/10/08 13:34

« 2009年確定F1カレンダー(10/7) カナダGP消滅 | トップページ | FIA、FOTAとの交渉で『強権発動の権利』 »