« 世界的金融危機の影響でF1コスト削減進むか | トップページ | ブリヂストン、日本GPに『グリーン・タイヤ』投入 »

2008/10/10

カナダGP主催者、「エクレストン氏に切られた」

突然2009年のカレンダーから外れた形のカナダGPだが、オーガナイザーのスポークスマンは「商業的な食い違いからエクレストン氏に切られた」と、その内幕を語っている。
2005 Canada GP (C)Ferrari S.p.A
拡大します
「衆知のように、カナダGPはその財政的負担の一部を地元政府に担ってもらっている。
しかしわれわれはこうした部分の改善を図ってきて、そうした問題についてエクレストン氏側と交渉を重ねてきた。
しかし、近年のF1グランプリは巨額経費を使うような形態になっていて、とてもそれにわれわれのようなプライベート・オーガナイザーが比していくのは困難なことだ。
それでも合意に向けて努力を続けてきたものの、エクレストン氏から突然交渉を打ち切られ、あのような発表になってしまった。
もしカナダGPの復活があるとすれば、それは政府にお願いいするしか方策はないだろう」

1967年にモスポート・パークがスタートしたカナダGPは、1978年からはモントリオールに定着。
2007年に大クラッシュを演じたBMWザウバーのロバート・クビサが2008年に復活優勝を遂げたのを最後にその幕をいったん閉じることになる。

|

« 世界的金融危機の影響でF1コスト削減進むか | トップページ | ブリヂストン、日本GPに『グリーン・タイヤ』投入 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42740931

この記事へのトラックバック一覧です: カナダGP主催者、「エクレストン氏に切られた」:

« 世界的金融危機の影響でF1コスト削減進むか | トップページ | ブリヂストン、日本GPに『グリーン・タイヤ』投入 »