« 最終プラクティスもアロンソが最速 | トップページ | 中嶋一貴、予選最終ピリオド進出も果たす »

2008/09/27

中嶋一貴、予選Q1突破

シンガポールGP公式予選がスタート。
Q1をトップで通過したのはここまで目立たなかったフェラーリのライコネン。
2番手にマクラーレンのコバライネン、3番手ハミルトン、4番手フェラーリのマッサ、5番手BMWザウバーのクビサ、6番手にここまで好調だったルノーのアロンソ、7番手トロ・ロッソのベッテル、8-9番手にウィリアムズのロズベルグと中嶋一貴、10番手がトヨタのグロックだった。

トヨタのトゥルーリは13番手、ホンダのバトンが14番手。
ここで脱落したのはルノーのピケ、トロ・ロッソのボーデ、ホンダのバリチェッロ、そしてフォース・インディアのスーティルとフィジケーラの5台。
フリー走行でクラッシュしたフィジケーラはこのセッションでもバリヤにクラッシュした。

|

« 最終プラクティスもアロンソが最速 | トップページ | 中嶋一貴、予選最終ピリオド進出も果たす »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42615653

この記事へのトラックバック一覧です: 中嶋一貴、予選Q1突破:

« 最終プラクティスもアロンソが最速 | トップページ | 中嶋一貴、予選最終ピリオド進出も果たす »