« ウィリアムズ、予選結果にチーム落胆 | トップページ | ホンダ ベルギーGP公式予選の模様 »

2008/09/07

トヨタ ベルギーGP公式予選の模様

F1第13戦ベルギーGP予選
J.トゥルーリ11番手、T.グロック13番手、明日のレースで巻き返しを図る

天候:曇り、公式練習はウェットからドライ、予選はドライコンディション。
気温:16-17℃、路面温度15-18℃
2008年最高グリッド:3番手 ヤルノ・トゥルーリ(マレーシア)
2008年最高順位:2位 ティモ・グロック(ハンガリー)

F1第13戦ベルギーGPの公式練習第3回目と予選が行われた。
午前中は、昨日に続きウェットコンディションで始まったが、次第に雨は収まり、徐々にドライコンディションへと変化した。
公式練習第3回目では、ヤルノ・トゥルーリが11番手、ティモ・グロックは15番手で午後の予選へと臨んだ。
午後2時に開始された予選は、ドライコンディションのまま行われ、予選第1セッションでは、ヤルノ・トゥルーリが13番手、ティモ・グロックが12番手で2台共に第2セッションへの進出を決めた。
しかし第2セッションでは、両車ともにタイムを伸ばすことができず、ヤルノ・トゥルーリは11番手、ティモ・グロックも13番手で、共に最終第3セッション進出を逃した。
チームは、明日の決勝で巻き返しを図る。

Jarno Trulli (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
ヤルノ・トゥルーリ : カー・ナンバー11 シャシー:TF108/05
公式練習3回目:11番手 1分49秒057(トップと1.181秒差) 16周
予選第1セッション:13番手 1分47秒400(トップと0.623秒差) 7周
予選第2セッション:11番手 1分46秒949(トップと0.912秒差) 6周
グリッド:11番手(暫定)

「低い気温のおかげで、今日は手こずるだろうとは思っていたけれど、実際難しい予選となってしまった。
残念ながら、今までのところ、これがこの週末の流れだ。
タイヤを適切に機能させるために熱を入れるのがとても大変だったから、クルマのバランスを判断するのは容易ではないよ。
また、明日は今のエンジンで2回目のレースとなる。
ベルギーにはロングストレートがあるから、それはここでは特に重要なことなんだ。
通常、2回目のレースでエンジンは少しパワーを失うから、それによりラップタイムに相違が生じてくる。
しかし、明日はまた別の日だから、自分のベストを尽くすよ。
唯一良い点は、われわれはレース直前に戦略を選ぶことができるということだ」

ティモ・グロック:カー・ナンバー12 シャシー:TF108/06
公式練習3回目:15番手 1分49秒535(トップと1.659秒差) 18周
予選第1セッション:12番手 1分47秒359(トップと0.582秒差) 7周
予選第2セッション:13番手 1分46秒995(トップと0.958秒差) 6周
グリッド:13番手(暫定)

「今日は難しいセッションだった。
公式練習では、タイヤを適切な温度に持っていくことに苦労し、予選でも同じことに手こずってしまった。
特に、最初のアタックでタイヤに熱を入れるのが難しく、そのためにわれわれが望む結果を手に入れることができなかった。
われわれは、このようなコンディションでタイヤの性能を引き出せなかった。
そして、そういう時はクルマの状態を感じ取るのが難しいんだ。
今日は、適切な対応をするのに本当に慎重を要したし、明日、この状況が劇的に変わるとは思えない。
けれど、気温が上がるかもしれないし、雨が降るかもしれないから、明日になってみないと分からないね。
ウェットコンディションが好きだし、われわれのクルマは少し雨が降っていると良いパフォーマンスが出せるから、明日はウェットコンディションだといいんだけどね。
明日まで待たないと分からないけど、何が起きたとしても、われわれが獲得できるベストな結果を目指して、できる限りプッシュしていくつもりだ」

パスカル・バセロン:シャシー部門シニア・ゼネラル・マネジャー

「今日は、今シーズンで最も悪い予選結果のひとつとなってしまった。
つまり、それは明らかにわれわれの準備作業に何か問題があったということだ。
今日ここで何が起きたのかを理解するために、今夜と明日の朝は忙しくなるだろう。
予選11位と13位は、言うまでもなくわれわれが望んでいたものではないし、満足のいく結果でもない。
タイヤに関しては、予想通り、ミディアムとハードのコンパウンドは今日のようなコンディションにはあまり適しておらず、われわれは、かなり冷えた路面を走行するのに苦労した。
しかしながら、それは全員にとって同じなため、われわれはこの状況に対処しなければならない。
一方で良い点は、レースのためのタイヤ選択自体がとても明確であるということだ」

新居章年:技術コーディネーション担当ディレクター

「ヤルノ、ティモとも最終予選に進めない、本当に残念な予選結果になってしまった。
最後のセットアップ調整をするつもりだった午前のプラクティスが雨で半分しか走れず、本来の状態で予選に臨めなかった。
そして予選ではタイヤ温度を上手く適正なところに持っていけず、グリップを引き出しきれなかった。
今後に向けプラクティスの進め方に問題がなかったか、しっかり見直したい。
明日のレースは、雨の可能性もあり、タフなレースが予想されるが、直前までストラテジーを選べる有利さを使い、是非とも2台揃ってのポイント獲得が出来る様に頑張る」

|

« ウィリアムズ、予選結果にチーム落胆 | トップページ | ホンダ ベルギーGP公式予選の模様 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42402835

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ ベルギーGP公式予選の模様:

« ウィリアムズ、予選結果にチーム落胆 | トップページ | ホンダ ベルギーGP公式予選の模様 »