« 12位中嶋一貴(ウィリアムズ)、「大変なレースだった」 | トップページ | ホンダ イタリアGP決勝レースの模様 »

2008/09/15

トヨタ イタリアGP決勝レースの模様

F1第14戦イタリアGP決勝
T.グロック11位 J.トゥルーリ13位

天候:レース序盤は雨、終盤に路面はドライへと変化、
気温14-15℃、路面温度:15-16℃
コンストラクターズポイント:41ポイント(4位)
ドライバーズタイトルポイント:ヤルノ・トゥルーリ 26ポイント(8位)、ティモ・グロック 15ポイント(11位)

F1世界選手権第14戦イタリアGPの決勝レースがモンツァ・サーキットで行われた。
雨が激しいため、午後2時にセーフティーカーの先導でレースが始まり、3周目に本格的な競技へと突入した。
ヤルノ・トゥルーリはポジションを維持、一方のティモ・グロックは1つポジションを上げたが、スピンを喫してしまい、順位を落してしまった。
しかしその後は両車とも順調に走行。
それぞれ給油の前、ヤルノ・トゥルーリは4位、ティモ・グロックは5位であった。
1ストップ作戦でレースを進めた両車であったが、ピットアウト後、レース中盤に路面が徐々に乾いていったため、もう一度ピットストップを実施。
スタンダードウェット・タイヤに履き替えた。
最終的にティモ・グロックが11位、ヤルノ・トゥルーリは13位でレースを終えた。
コンストラクターズ選手権では、4位を維持している。チームは、今週9月17日(水)からスペイン・ヘレスで3日間のテストを行う。

Timo Glock (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
ティモ・グロック:カー・ナンバー12 シャシー:TF108/06
決勝:11位(トップと58.888秒差)
予選ラップタイム:1分39秒787(第3セッションでトップと2.232秒差)
グリッド:9番手

「全体的に見て、今日はわれわれにとって難しい一日となってしまった。
良いスタートが切れたんだけど、その後すぐ、アロンソをオーバーテイクしようとした時にスピンをしてしまい、数秒を失ってしまった。
レース序盤で、路面が最も濡れていたときは、水しぶきで視界がすごく悪かった。
アタックするのは大変だったけど、それでも、いくつか順位を上げることには成功したんだ。
その後、予定外のピットストップをしたことでわれわれのポイント獲得のチャンスは犠牲になった。
言うまでもなく、今回の結果は残念だった。
けれど、われわれはアンラッキーだったのだし、われわれのペースは次回以降のレースで再びポイントを獲得できることを示している」

ヤルノ・トゥルーリ:カー・ナンバー11 シャシー:TF108/05
決勝:13位(トップと1分5.954秒差)
予選ラップタイム:1分39秒152(第3セッションでトップと1.597秒差)
グリッド:7番手

「レース序盤のウェットコンディションでは、ヘビーウェット・タイヤで良い走行ができていた。
けれど、今日はタイミングがうまく合わなかったために、戦略に運がなかった。
(1ストップ作戦の)ピットストップに入ったときは、スタンダードウェット・タイヤに履き替えるには、4周から5周ほど早すぎたんだ。
つまり、その後すぐに再びピットストップをしなくてはならず、すべてを失ってしまった。レース終盤では、クルマが滑ってしまったために、それほど強いレースができなかった。今日は我々の日ではなかったよ。それでも、今日は難しいレースになるとは予想していたし、この後の数レースは、我々にとってもっと良いものとなるだろう。我々はもっと多くのポイントを獲得できるだろうし、今シーズンは今までのところは良いから、まだまだ前向きでいるよ。」

新居章年 : 技術コーディネーション担当ディレクター

「今日のコンディションではベストを尽くせたが、結果に繋がらず残念なレースだった。サーキット特性を考えて1ストップ作戦を選んだが、路面状況の変化と給油のタイミングが合わず、もう一度ピットインせざるを得なかった。
レースを振り返ってみても、ペースも悪くなく、チームスタッフもそれぞれの役割をしっかり果たせた。
これもレースと割り切り、気持ちを入れ替え、次戦、初めて開催されるシンガポールのレースに臨みたい」

山科忠:TMG会長 兼 チーム代表

「全員がベストを尽くしたが、天候はわれわれを救ってはくれなかった。
予選では良いポジションを取れ、われわれは1ストップ戦略を選んだ。
残念なことにわれわれは完全に間違った方向を向いていた。
なぜならば、2ストップのチームとより長い1ストップを選んだチームの方が、どちらもわれわれより良いピットストップだったからだ。
われわれはウィリアムズのニコ・ロズベルグのように、その真ん中に挟まれてしまった。
それでも、第1スティントではエクストリーム・ウェット・タイヤで非常に速く、ドライバーは良い調子だったし、クルマのパフォーマンスも良かった。
しかし、今日われわれにこれ以上できることはなかった。
トロ・ロッソには、F1初の勝利にお祝いを述べたい。
今、われわれは今年残りのレースについて、より良い成果を追求していきたい」

|

« 12位中嶋一貴(ウィリアムズ)、「大変なレースだった」 | トップページ | ホンダ イタリアGP決勝レースの模様 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42480711

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ イタリアGP決勝レースの模様:

» トヨタF1 第14戦 イタリアGP 決勝 [ザッキ]
第14戦 イタリアGP  決勝   モンツァ・サーキット トヨタティモ・グロック [続きを読む]

受信: 2008/09/15 23:19

» トヨタF1 第14戦 イタリアGP 決勝 [ザッキ]
第14戦 イタリアGP  決勝   モンツァ・サーキット トヨタティモ・グロック [続きを読む]

受信: 2008/09/15 23:33

« 12位中嶋一貴(ウィリアムズ)、「大変なレースだった」 | トップページ | ホンダ イタリアGP決勝レースの模様 »