« トヨタ イタリアGP事前ニュース | トップページ | 渦中のアロンソ(ルノー)、おとぼけ貫く »

2008/09/12

モンテツェモロ氏(フェラーリ)、「FOTA」の代表に

7月に会合の場を持ったF1参戦各チームは、新たなF1コンコルド協定の策定などに向け、F1チームとしての新団体「FOTA:フォーミュラワン・チーム・アソシエーション」を設立することで合意したが、11日(木)モンツァで再び会合、具体的な活動に向けていよいよ動き出した。
Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
それによればFOTAは最初の会長としてフェラーリ会長のルカ・モンテツェモロ氏を、また副会長にはTMG(トヨタ・モータースポーツGmbH)のジョン・ハウェット社長をそれぞれ選出。

また内部には3つの作業部会を設立、スポーティング・ワーキンググループにはマクラーレンF1のマーティン・ウィットマーシュCEOが、テクニカル・ワーキンググループにはホンダ・チームのロス・ブラウン代表が、そしてコマーシャル・ワーキンググループにはルノー・チームのフラビオ・ブリアトーレ代表が就くという、これ以上ないほど重厚な布陣が敷かれることとなった。

これにより、F1チーム側もFIAやFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)に遜色ない強力な体制で今後のF1に寄与できるものと期待される。

|

« トヨタ イタリアGP事前ニュース | トップページ | 渦中のアロンソ(ルノー)、おとぼけ貫く »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モンテツェモロ氏(フェラーリ)、「FOTA」の代表に:

« トヨタ イタリアGP事前ニュース | トップページ | 渦中のアロンソ(ルノー)、おとぼけ貫く »