« ホンダ イタリアGP決勝レースの模様 | トップページ | ハミルトン、自らFIA抗議審査会に参加へ »

2008/09/16

BMW首脳、ベッテルの活躍に「後悔することはない」

史上最年少でF1優勝を遂げたトロ・ロッソのセバスチャン・ベッテル(21歳:ドイツ)に世界中から注目が集まっているが、実はベッテルのF1デビューは2007年のアメリカGP、BMWザウバーからのものだった。
S.Vettel & M.Theissen (C)BMW Sauber F1
拡大します
ベッテルは元々レッドブルのジュニア・ドライバーの一員だったが、当時2年間の限定でBMWザウバーにレンタル、テストドライバーを務めていていた。
そして前戦カナダGPでの大クラッシュから出場を辞退したロバート・クビサの代役としてスポット参戦、19歳349日でデビュー・初入賞を遂げたもの。

これについてBMWザウバーのマリオ・タイセン代表は、「確かにベッテルは当初から類い希な能力を持った若者だったが、ウチにいた当時はまだ経験が不足していた。
それをここまで育てたのはトロ・ロッソであると理解しているから、われわれがベッテルを手離したことを後悔はしていないよ。
それに当時ウチには彼をレギュラーで走らせる『空き』はなかったのだし」と、語っている。

いまのタイセン代表には、それよりも元王者フェルナンド・アロンソの去就のほうが大きな関心事であることは十分理解できるところ。

|

« ホンダ イタリアGP決勝レースの模様 | トップページ | ハミルトン、自らFIA抗議審査会に参加へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42491573

この記事へのトラックバック一覧です: BMW首脳、ベッテルの活躍に「後悔することはない」:

» F1 2008 BMWザウバータイセン、ベッテルを手放したことに後悔なし [BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ]
マリオ・タイセンが、セバスチャン・ベッテルの勝利を前に、彼を手放したことに後悔していないと語っています。 マリオ・タイセン その時にはBMWザウバーに空きがなく、ベッテルを手放す決定をしたが、手放したことについての再考はなかった。 レッドブルとBMWは長年にわたって彼をサポートしてきたし、彼のキャリア初期のために、あまりプレッシャーのない経験を積ませるために移籍は正しかった。 詳しくは以下の参照記事をどうぞ。... [続きを読む]

受信: 2008/09/16 07:13

» シューマッハX世だらけ? [:: 246 log ::]
レッドブルというつ昨年まで、テールエンド争いをしていたマシンを、ミナルディー時代... [続きを読む]

受信: 2008/09/16 11:48

« ホンダ イタリアGP決勝レースの模様 | トップページ | ハミルトン、自らFIA抗議審査会に参加へ »