« ハミルトン、自らFIA抗議審査会に参加へ | トップページ | S.ブエミ、今シーズン中にもF1デビュー? »

2008/09/16

ベッテル、「シューマッハ2世」評価に辟易

前世界チャンピオン、フェルナンド・アロンソが持っていたこれまでの最年少優勝記録を打ち破ったセバスチャン・ベッテルに対し、周囲から揃って与えられているのが『ミハエル・シューマッハ2世現る』との評価だが、本人は「そんな評価は聞きたくない」と、これを拒否している。
Sebastian Vettel (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
「僕がシューマッハ2世だなんて言われているけれど、そんなの全然当たっていない。
だって僕はまだF1でたった一度勝っただけの駆け出しなんだ。
そんなこと言う前に、まずシューマッハが成し遂げた偉大な記録の数々を思い出してみてよ。
比較するならアロンソのほうがよほど偉大で適している。
彼は現役ドライバーの中でも最高、2度の世界チャンピオンなんだからね。
名前を出してくれるのは光栄なことだけど、僕はまだそんなレベルじゃないさ」

それでもモンツァの表彰台で流れたドイツ国歌(ベッテル)&イタリア国歌(トロ・ロッソ)の組み合わせには、誰もがシューマッハ&フェラーリ時代を思い出したことだろう。

なお、この若きドイツ人ドライバーに、早くもシューマッハ兄弟のマネージャーだったウィリ・ウェバー氏がマネージメントの名乗りを挙げているという。

|

« ハミルトン、自らFIA抗議審査会に参加へ | トップページ | S.ブエミ、今シーズン中にもF1デビュー? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42492018

この記事へのトラックバック一覧です: ベッテル、「シューマッハ2世」評価に辟易:

» シューマッハ2世は誰だ? [:: 246 log ::]
レッドブルというつ昨年まで、テールエンド争いをしていたマシンを、ミナルディー時代... [続きを読む]

受信: 2008/09/16 10:57

» プライベーターの勝利 [まだだ、まだ終わらんよ…~SAF1はあと○年は戦える~]
雨の予選でPPになったトロロッソのS.ベッテルが雨の決勝でもすばらしい走りで史上最年少優勝を成し遂げました。 FMotorsportsさんより 驚異の新人ベッテル、史上最年少勝利飾る 2番手につけいていたコバライネン辺りがトップを奪うのかと思いきや、一度も譲ることなく優勝しました。 そしてウィニングランも表彰式もインタビューも非常にさわやかで見てて気持ち良いものがありました。 トロロッソのマシンはあのニューウェイがデザインしたレッドブルのマシンがベースで最近速さと安定感が増... [続きを読む]

受信: 2008/09/16 12:56

» 佐藤琢磨のテストとトロロッソの大躍進! [ファイトクラブ!資格道]
イタリアGPで奇跡が起こった! なんと、トロロッソ・フェラーリのセバスチャン・ベ [続きを読む]

受信: 2008/09/16 19:13

« ハミルトン、自らFIA抗議審査会に参加へ | トップページ | S.ブエミ、今シーズン中にもF1デビュー? »