« 佐藤琢磨、トロ・ロッソのテストに参加か | トップページ | 2009年F1カレンダー、「夏休み」で見直しの可能性 »

2008/08/27

フェラーリ首脳、「罰はマッサの責任ではない」

今回のヨーロッパGPでは、ピットアウトの際に危険な行為があったとしてレース後フェラーリのフェリッペ・マッサに罰金が科せられたが、同チームのステファーノ・ドメニカリ代表は「ペナルティは受け入れるが、マッサに責任はない」としてこれを擁護する姿勢をみせた。
Stefano Domenicali (C)Ferrari S.p.A
拡大します
それによれば同代表は「ピットアウトさせるタイミングはチームが指示したものだからドライバーに責任はない。
それにそもそもこうしたインシデント(出来事)はF1ではよくあることで、今回もマッサが事態を掌握しブレーキングしてフォース・インディアに道を譲った。ただそれだけのこと。
誰も危険な事例だったとは考えていないが、それでもFIA(国際自動車連盟)の見解がそうであるというならわれわれは尊重するだけ」と、むしろ被害者である立場を強調した。

とはいえ、ピットストップ時の事件がフェラーリに多いのは明らかな事実だ。

|

« 佐藤琢磨、トロ・ロッソのテストに参加か | トップページ | 2009年F1カレンダー、「夏休み」で見直しの可能性 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42287486

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ首脳、「罰はマッサの責任ではない」:

« 佐藤琢磨、トロ・ロッソのテストに参加か | トップページ | 2009年F1カレンダー、「夏休み」で見直しの可能性 »