« マッサ、「記念すべきレースで最高の結果」 | トップページ | トヨタ ヨーロッパGP決勝レースの模様 »

2008/08/25

中嶋一貴、「スタートの失敗がすべて」

スペイン第2のグランプリで、地元のスーパー・ヒーローであるアロンソを「1周もせずにリタイヤに追い込んだ」ウィリアムズ・チームの中嶋一貴は、次のようにレースを振り返った。
中嶋 一貴 (C)Williams F1
拡大します
「とにかくスタートでの失敗がすべてだった。
あれさえなければ、順位を下げてアロンソに「追突」することもなかった訳だし。
スタートで遅れた原因はまだわからないけれど、早急に究明する必要があるね。
ピットに戻って修復した後は、とにかく確実に追い上げるようコンスタントな走りを心掛けた。
ところが(ペースの上がらない)バリチェッロの後ろに追いついてしまい、これをオーバーテイクするのにえらく手こずってしまったんだ。
最終的にはこれをかわすことができたけれど、その時にはもう遅すぎた」

同チームのパトリック・ヘッド/エンジニアリング・ディレクターは「ロズベルグが1ポイントを獲得し、カズキがアクシデントに巻き込まれたというのは、予選での9番手と11番手という差がもたらせたもの。
各チーム共に信頼性を増したいま、カズキがQ3に進めなかった0.1秒というタイムをわれわれは見出さなければならない」と、締めくくった。

|

« マッサ、「記念すべきレースで最高の結果」 | トップページ | トヨタ ヨーロッパGP決勝レースの模様 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42265354

この記事へのトラックバック一覧です: 中嶋一貴、「スタートの失敗がすべて」:

« マッサ、「記念すべきレースで最高の結果」 | トップページ | トヨタ ヨーロッパGP決勝レースの模様 »