« フォース・インディア、来季も同じラインナップか | トップページ | ブランドル氏、放送禁止用語での処分逃れる »

2008/08/13

ロズベルグ、「バレンシアでは金曜セッション重要」

来週初開催を迎えるバレンシア市街地特設コースでのヨーロッパGPを前に、ウィリアムズ・チームのニコ・ロズベルグは「バレンシアでは金曜日のフリー走行セッションが重要になる」との見通しをチームのサイトで示した。
Valencia Course Map (C)BMW Motorsports
拡大します
「まず言えることは、こうした公道コースでは基本的に路面のグリップがないということ。
このため、通常のパーマネントコースならわれわれF1ドライバーは10ラップもすればコースを覚えられるんだけど、バレンシアでは多分その倍は必要とするだろう。

そして、金曜日のフリー走行セッションではデータ収集のためとにかく周回を重ねることが重要。
コースにマシンを留めていることが肝心なんだ。
もしもクラッシュなどしてしまえば、セットアップのための貴重な時間を失うことになるからね」

F1はシーズンオフにしばしばバレンシア・サーキットでテストをしているが、しかし今回のコースはまったくの別物、誰にとっても初体験だ。

|

« フォース・インディア、来季も同じラインナップか | トップページ | ブランドル氏、放送禁止用語での処分逃れる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42151958

この記事へのトラックバック一覧です: ロズベルグ、「バレンシアでは金曜セッション重要」:

« フォース・インディア、来季も同じラインナップか | トップページ | ブランドル氏、放送禁止用語での処分逃れる »