« フェラーリ、「エンジントラブル再発ない」 | トップページ | コバライネン、「勝利で何も変わらず」 »

2008/08/16

マクラーレンは来季チーム内ローテーションへ

バーニー・エクレストン氏はF1グランプリのさらなる拡大を計画していて、すでに2009年は全19戦(昨季は17戦、今季は18戦)で構成される暫定カレンダーが発表されている。

こうした動きを受け、マクラーレン・チームのロン・デニス代表はチームの現場スタッフを「ローテーション・システム制」にする可能性をケーブル・ニュース・ネットワークで示唆している。
McLaren Team Staff (C)McLaren Group
拡大します
それによれば、来季はシーズン全体の期間としては変わらないものの、グランプリ数が増えた分夏休み期間(今季は3週間)がなくなるため、スタッフの労働条件と、その家族と過ごす時間を確保するためローテーション・システムを組まざるを得ないというもの。

2010年以降はさらに全20戦から21戦になることも予想されていて、こうした動きは他チームにも広がることが考えられるが、その一方で予算の拡大に繋がることからこれを憂慮する向きも多い。

|

« フェラーリ、「エンジントラブル再発ない」 | トップページ | コバライネン、「勝利で何も変わらず」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42179627

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレンは来季チーム内ローテーションへ:

« フェラーリ、「エンジントラブル再発ない」 | トップページ | コバライネン、「勝利で何も変わらず」 »