« バレンシア、初のポールポジションはマッサの手に | トップページ | 予選最高位の中嶋一貴、「11番手悪くない」 »

2008/08/24

ポール奪取のマッサ、「今回こそ最後まで」

初開催となったバレンシア公道コースでのヨーロッパGPで、みごと初代のポールシッターとなったフェラーリのフェリッペ・マッサは、「今回こそ最後まで走り切る」と、前回の不運を繰り返さない意気込みをみせた。
Felipe Massa (C)Ferrari S.p.A
拡大します
「前回のブダペストではあり得ないほどの落胆を味わされたけど、今回は絶対にそれを繰り返したくない。
誰にとっても初めてのコースで最初のポールポジションというのは最高の出だしだよね。
今日は路面の状態がどんどん変化していったけれど、それにうまく対応できた。
チームが用意してくれたマシンの状態は最高だから、明日はタイヤをうまく使って最高のレースで返したいね」

マッサのポールポジションはこれで自身通算13回目ということになる。

|

« バレンシア、初のポールポジションはマッサの手に | トップページ | 予選最高位の中嶋一貴、「11番手悪くない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42253987

この記事へのトラックバック一覧です: ポール奪取のマッサ、「今回こそ最後まで」:

« バレンシア、初のポールポジションはマッサの手に | トップページ | 予選最高位の中嶋一貴、「11番手悪くない」 »