« 給油火災の原因はハンガリーの高温? | トップページ | フェラーリ、やはりカギは信頼性 »

2008/08/06

マクラーレンは『シャークフィン』投入せず

レッドブル・レーシングから始まり、その後他チームへと拡大、ハンガリーGPではついにフェラーリ・チームも採用した大型のリヤカウル、いわゆる『シャークフィン』について、マクラーレン・チームはこれを実戦投入する予定のないことを明らかにした。
McLaren Rear Cowl (C)McLaren Group
拡大します
これは同チームのマーティン・ウィットマーシュCEOが語ったもので、それによればこれによって得られるメリットよりも、横風の影響などデメリットのほうが大きく、いまのところはこれを採用するつもりはないとしている。

同チームではドイツGP前のホッケンハイム合同テストでルイス・ハミルトンの手により実車テストを行っていた。

|

« 給油火災の原因はハンガリーの高温? | トップページ | フェラーリ、やはりカギは信頼性 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42079381

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレンは『シャークフィン』投入せず:

« 給油火災の原因はハンガリーの高温? | トップページ | フェラーリ、やはりカギは信頼性 »