« ブリヂストン、残りシーズンのタイヤスペック発表 | トップページ | ブリヂストン、ライコネンの指摘を否定 »

2008/08/10

ブラウン代表(ホンダ)、「まだ前進できる」

先に発足した「FOTA:フォーミュラワン・チーム・アソシエーション」では技術部門の責任者に指名されたホンダ・チームのロス・ブラウン代表は、同チームの『RA108』について「今季まだ前進できる」と、自信をみせた。
Ros Brawn (C)Honda Racing
拡大します
他チーム同様、すでに大きくレギュレーションが変更される来シーズン・マシンに開発の焦点を切り替えたとされる同チームだが、それでもまだ今季グリッドをより上位へとアップできるというもの。

ブラウン代表は、新設計のリヤ・サスペンションについてギヤボックスからの制限からかなり苦労を強いられたことを明らかにしたが、しかし次戦バレンシア市街地特設コースで行われるヨーロッパGPでは、ダンパー機能の熟成などまだステップアップする余地があることを示した。

|

« ブリヂストン、残りシーズンのタイヤスペック発表 | トップページ | ブリヂストン、ライコネンの指摘を否定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42122884

この記事へのトラックバック一覧です: ブラウン代表(ホンダ)、「まだ前進できる」:

« ブリヂストン、残りシーズンのタイヤスペック発表 | トップページ | ブリヂストン、ライコネンの指摘を否定 »