« フェラーリのメカニックは打撲のみ | トップページ | 高熱と戦っていたヨーロッパGPのハミルトン »

2008/08/26

地元で0周リタイヤのアロンソ、「ファンに申し訳ない」

やっと実現が叶った母国スペイン第2のグランプリ、なんとオープニングラップでリタイヤを喫してしまったルノー・チームのフェルナンド・アロンソ(27歳:スペイン)は、「ファンに申し訳ない」と、レース後殺到した地元メディアに語っている。
F.Alonso Fans/2008 Europe GP (C)Renault F1 UK
拡大します
「せっかく地元開催ということでたくさんのファンが駆けつけてくれたのに、バルセロナの時はエンジントラブル、ここバレンシアではカズキとのアクシデントでリタイヤと、声援に応えることができず、ほんとうに申し訳なく思っているよ。
事故のあと、なんとかピットに戻って修復したいと考えたんだけど、残念ながら損傷はリヤウィングだけでなくサスペンションやギヤボックスにまで及んでいるということで、どうしようもなかったんだ。
心待ちにしていたバレンシアでのグランプリだっただけに、ほんとうに残念な気持ちでいっぱいだよ」

ファンの関心は早くもアロンソの来シーズンに移っているようだ。

|

« フェラーリのメカニックは打撲のみ | トップページ | 高熱と戦っていたヨーロッパGPのハミルトン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42277623

この記事へのトラックバック一覧です: 地元で0周リタイヤのアロンソ、「ファンに申し訳ない」:

« フェラーリのメカニックは打撲のみ | トップページ | 高熱と戦っていたヨーロッパGPのハミルトン »