« ブリヂストン ヨーロッパGP決勝レースの模様 | トップページ | 地元で0周リタイヤのアロンソ、「ファンに申し訳ない」 »

2008/08/26

フェラーリのメカニックは打撲のみ

24日(日)行われたヨーロッパGP決勝レースで、まだ給油中に発進したキミ・ライコネンのマシンに引きずられてしまったフェラーリ・チームのメカニックだが、その後バレンシア市内の病院で精密検査を受けた結果、打撲のみで大事には至らなかったということだ。
Pitin Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・チームはこの前にピットアウトしたマッサもピットレーンでフォース・インディアのマシンと接触寸前になり、レース後罰金のペナルティを科せられるなど、ピット作業の混乱ぶりが浮き彫りとなっている。

|

« ブリヂストン ヨーロッパGP決勝レースの模様 | トップページ | 地元で0周リタイヤのアロンソ、「ファンに申し訳ない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42277622

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリのメカニックは打撲のみ:

« ブリヂストン ヨーロッパGP決勝レースの模様 | トップページ | 地元で0周リタイヤのアロンソ、「ファンに申し訳ない」 »