« モンツァテスト開始、初日はマッサが最速(8/27) | トップページ | バレンシアのヨーロッパGP、やっぱり地中海GPに? »

2008/08/28

フェラーリ首脳、「事故の原因はライコネン」

フェラーリのステファーノ・ドメニカリ代表は、先のヨーロッパGP決勝レース中に起きたピットイン時のアクシデントについて、「責任はライコネンにある」と指摘した。

これは、同チームがロリポップの代わりに採用している『電気信号システム』が事故原因との指摘に対して反論したもの。
Stefano Domenicali (C)Ferrari S.p.A
拡大します
「ウチでは昨年からこのシステムを採用していて、これ自体に問題があるとは考えていない。
今回の事故は(気のせいた)ライコネンが、赤信号が消えないうちに発進させたために起きたもので、もちろん負傷したメカニックにも何の落ち度もないことだ」と、同代表はあらためてこの(恐縮する)メカニックを擁護した。
なお打撲のみと伝えられたメカニックはその後つま先を骨折とのこと。

しかし同僚のマッサに起きた他車とのニアミスに対してはこのシステムの対応は十分でなく、ライバル・チームが使うロリポップマンの合図の方が依然有効と言われている。

|

« モンツァテスト開始、初日はマッサが最速(8/27) | トップページ | バレンシアのヨーロッパGP、やっぱり地中海GPに? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42297257

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ首脳、「事故の原因はライコネン」:

» F◆第13戦ベルギーGP [カゴの中の鳥]
どもGOKです。 FMotorsports F1: フェラーリ首脳、「事故の原因 [続きを読む]

受信: 2008/09/08 07:30

« モンツァテスト開始、初日はマッサが最速(8/27) | トップページ | バレンシアのヨーロッパGP、やっぱり地中海GPに? »