« カーティケヤン、厳しいF1復活の道 | トップページ | ハミルトン、スペインで盗難事件に遭う!! »

2008/08/19

『メカクローム』、F1エンジン活動休止へ

ルノー系のエンジン供給メーカーである『メカクローム』社だが、財政難からF1エンジンに関する活動を休止することが独『モータースポーツ・アクチュエル』誌の報道でわかった。
1998 Williams Mecachrome FW20 (C)Williams F1
拡大します
フラビオ・ブリアトーレ氏が代表を務めた同社は、かつてスーパーテックやプレイライフなどの名称でもF1参加。
1998年には戦闘力あるウィリアムズ・チームに供給、ジャック・ビルニューブとハインツ・ハラルド・フレンツェンらの手により3回の表彰台を獲得したのが最高位となった。

同社は他にGP2シリーズへエンジン供給を行っているが、F1部門のほうは現在のエンジン開発禁止というレギュレーションのせいで窮地に追い込まれたとみられている。

|

« カーティケヤン、厳しいF1復活の道 | トップページ | ハミルトン、スペインで盗難事件に遭う!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42209887

この記事へのトラックバック一覧です: 『メカクローム』、F1エンジン活動休止へ:

« カーティケヤン、厳しいF1復活の道 | トップページ | ハミルトン、スペインで盗難事件に遭う!! »