« BMWザウバー代表、「ドライバー決定は急がない」 | トップページ | フィル・ヒル氏逝去 »

2008/08/29

トヨタ モンツァ合同テストの模様(8/28)

F1モンツァ合同テスト2日目
引き続きヤルノ・トゥルーリがドライビング担当

ドライバー:ヤルノ・トゥルーリ

ヤルノ・トゥルーリは、彼のホームグランプリのための準備をモンツァで引き続き行い、天候に恵まれた一日を活用して、コンディションの良いコースで忙しいプログラムを終えた。
ホッケンハイムにもともとあった超高速レイアウトを、現在のF1世界選手権では使用していないので、モンツァには唯一特有なセットアップが要求される。
それはストレートラインでの最高速度のため空力上の効率を追求するという点、ドライバーが他のサーキットよりも低いダウンフォースレベルに対処しなければならないという点からである。
空力は、ストレートでのタイムとブレーキングにおけるタイムロスとの折り合いで変更される。
ヤルノは彼の個人的に好むセッティングを確立するために丸一日を利用した。
ティモ・グロックが、明日のテスト最終日を締めくくる。

Jarno Trulli (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
ヤルノ・トゥルーリ:TF108/04

ベストラップタイム:1分24秒158
順位:9位
周回数:77周
走行距離:446.061km (コース長:5.793km)

「モンツァで開催されるイタリアGPの準備のために、いつも通りの作業を行い、実り多い一日となった。
イタリアGPでは、コンストラクターズ選手権でチームを現在4位へと導いた、われわれが見せてきた強さを維持できることを願っているよ。
われわれはこのコースにおいて重要なことに主に専念した。
それは、効率的な空力セットアップや望ましいブレーキングの感触、そして縁石に対して安心していられることだ。
今回のテストでの進捗には満足している」

ゲルト・プファイファー:テスト・チーム・マネージャー
「われわれは昨日スタートしたプログラムを継続し、セットアップとタイヤ作業に専念して、ブレーキとブレーキバランスに関するより多くの実験を行った。
それはスケジュールの主要な目的だったが、すべてが計画通り順調に運んだ。
少ない燃料での走行は行わず、われわれが目的としていたすべてをやり遂げることができた。
エンジンを交換したが、それは承認目的のものであり、予定されていたものだ」

|

« BMWザウバー代表、「ドライバー決定は急がない」 | トップページ | フィル・ヒル氏逝去 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42314175

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ モンツァ合同テストの模様(8/28):

« BMWザウバー代表、「ドライバー決定は急がない」 | トップページ | フィル・ヒル氏逝去 »