« 市街地コース得意のクビサ、「バレンシア超楽しみ」 | トップページ | カーティケヤン、厳しいF1復活の道 »

2008/08/18

マクラーレン首脳、「バレンシア第2のモナコじゃない」

今週迎えるヨーロッパGPはスペイン・バレンシア市のウォーターフロントに設営される市街地特設コースということで、第2のモナコとして注目する向きも多いが、マクラーレン・チームの首脳は次のようにこれをFIAの公式サイトで否定している。
Valencia Course Map (C)BMW Motorsports
拡大します
「F1における市街地特設コースといえば、誰だってモナコのコースを連想するだろうが、それは正しくない。
モナコならみんな狭く、低速で、曲がりくねっていて、オーバーテイクなんかトンでもないというイメージを思い浮かべる。
しかしバレンシアのコースは決してそんなものではないんだ。
バレンシアはコース幅は広く、高速で、コーナーも大きくて必ずやオーバーテイクも見られる筈。そういうコースなんだ。
だからモナコと言うよりは、むしろモンツァなんだと私は言いたいね」と、ノルベルト・ハウグ/メルセデス・モータースポーツは説明した。

事前のデータでは、バレンシアは最高速が320キロにも達するものと試算されている。

|

« 市街地コース得意のクビサ、「バレンシア超楽しみ」 | トップページ | カーティケヤン、厳しいF1復活の道 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42200810

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン首脳、「バレンシア第2のモナコじゃない」:

« 市街地コース得意のクビサ、「バレンシア超楽しみ」 | トップページ | カーティケヤン、厳しいF1復活の道 »