« ブリヂストン、ライコネンの指摘を否定 | トップページ | ストゥック氏、グロックの仕事ぶり礼賛 »

2008/08/11

スペインの放映権でブリアトーレ氏12億円手中

ルノー・チームのフラビオ・ブリアトーレ氏が、スペイン国内のF1放映権を譲渡することで巨額の利益を手にしていることが明らかとなった。
Monitor Image (C)Renault F1 UK
拡大します
F1商業権全体はバーニー・エクレストン氏が関与する『CVCキャピタル』が保有しているが、ブリアトーレ氏はCVCの手に権利が移る前にエクレストン氏から直接スペイン国内の放映権を譲渡されたというもの。

名目上はイギリスのこの会社が保有しているが、ブリアトーレ氏はこれをスペインでF1放送する『テレシンコ』に与えることで巨額報酬を獲得。
スペインではアロンソ人気でF1熱が高まったこともあり、昨年1年だけでブリアトーレ氏は580万ポンド(約12億円)も手中にしたと伝えられている。

ただし、2009年から5年間スペインの放映権は『メディアプロ』が獲得している。

|

« ブリヂストン、ライコネンの指摘を否定 | トップページ | ストゥック氏、グロックの仕事ぶり礼賛 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペインの放映権でブリアトーレ氏12億円手中:

« ブリヂストン、ライコネンの指摘を否定 | トップページ | ストゥック氏、グロックの仕事ぶり礼賛 »