« 山本左近、今週末ドイツ戦からGP2復帰へ | トップページ | アブダビGP、コンセプト大幅変更へ »

2008/07/16

シューマッハ、「引退原因はライコネンじゃない」

スイスの『ブリック』紙が、2006年一杯で引退したミハエル・シューマッハ(39歳:ドイツ)が、その理由について「キミ・ライコネンが原因ではない」と語ったと報じている。
Michael Schumacher & Jean Todt (C)Ferrari S.p.A
拡大します
当時フェラーリ・チームはシューマッハ&フェリッペ・マッサというコンビネーションだったが、2007年シーズンからのキミ・ライコネンの加入が決まったことにより、シューマッハはこれを避けたと噂されていた。

しかしシューマッハは、「引退を決めたのは、ライコネンの加入によりマッサのシートがなくなることを憂慮したためであって、ライコネンと自分がチームメイトとなることにはまったく問題がなかった」と語っているという。

なお、マッサのマネージメントをジャン・トッド氏(当時チーム監督)の子息ニコラス氏が行っているというのは良く知られたことだ。

|

« 山本左近、今週末ドイツ戦からGP2復帰へ | トップページ | アブダビGP、コンセプト大幅変更へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41850908

この記事へのトラックバック一覧です: シューマッハ、「引退原因はライコネンじゃない」:

« 山本左近、今週末ドイツ戦からGP2復帰へ | トップページ | アブダビGP、コンセプト大幅変更へ »