« G.パンターノ、依然「F1復帰を熱望」 | トップページ | フェラーリ、マクラーレンの和解金はチャリティに »

2008/07/15

マクラーレン首脳、「安定性が不可欠」

マクラーレン・チームのマーティン・ウィットマーシュCEOは、パートナーであるメルセデスにとってホームグランプリとなるドイツGPを前に、「ハミルトンのタイトル獲得には安定性が不可欠」と強調した。
Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
「現在わがルイス・ハミルトンはドライバーズ・チャンピオンシップで同点一位というポジションにある。
当然チームは彼の初タイトル獲得に向けて全力でサポートするつもりだが、長いシーズンを見据え、肝要なのは安定性ということに尽きるだろう。
先のイギリスGPで彼はみごとな勝利を飾ったとはいえ、われわれは全然満足していない。
なぜなら、今年ハミルトンは3つのレースで勝った一方で、同じく3つのレースでノーポイントに終わっているからだ。
昨年はライコネンが王者に輝いたが、彼がノーポイントだったのはシーズンを通してたったの2回だけだったんだ」

|

« G.パンターノ、依然「F1復帰を熱望」 | トップページ | フェラーリ、マクラーレンの和解金はチャリティに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41839746

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン首脳、「安定性が不可欠」:

« G.パンターノ、依然「F1復帰を熱望」 | トップページ | フェラーリ、マクラーレンの和解金はチャリティに »