« 『ムラタ』、ミハエル・シューマッハ獲得に動く | トップページ | ホッケンハイム合同テストがスタート(7/08) »

2008/07/08

英紙、マクラーレンへの処分無効を主張

昨年下されたいわゆる『スパイ疑惑事件』でのマクラーレン・チームに対する処分について、イギリスの『インディペンデント』紙が「手続きに規則違反があり無効」との見解を示し注目されている。
McLaren MP4-22 (C)McLaren Group
拡大します
それによれば、FIA(国際自動車連盟)の規定ではこの決定を下したWMSC(世界モータースポーツ評議会)は各国のASN(各国のスポーツ権能保持者)代表により構成されることになっているにもかかわらず、マクラーレンに対する制裁を決めた際にはFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏が加わって1票を投じていたという。
同氏はもちろんASN代表ではないため、元々裁定に加わる資格はなかったことになる。
ただ手続きに小さな不備があったとしても、いまさらこの決定が覆る可能性はなさそうだ。

なおこの処分では、同チームの2007年シーズン全コンストラクターズ・ポイントの剥奪に加え、1億ドル(当時のレートで約115億円)もの罰金が科せられた。

|

« 『ムラタ』、ミハエル・シューマッハ獲得に動く | トップページ | ホッケンハイム合同テストがスタート(7/08) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41770616

この記事へのトラックバック一覧です: 英紙、マクラーレンへの処分無効を主張:

» だからといって、決定が覆る訳じゃないよ [モータースポーツ徒然]
今更という感じもしますが、全くの部外者であるイギリスのメディア『インディペンデント』紙が居ちゃ紋を付けている模様。どうせなら、裁定が下される前に言えばいいのに、、、。 [続きを読む]

受信: 2008/07/08 15:19

« 『ムラタ』、ミハエル・シューマッハ獲得に動く | トップページ | ホッケンハイム合同テストがスタート(7/08) »