« バトン、『ROC』でシューマッハに雪辱へ | トップページ | 佐藤琢磨、「F1復帰のため全力挙げている」 »

2008/07/13

ハイドフェルド、母国グランプリに意欲

前戦イギリスGPで、再び自己最高位である2位表彰台を得たBMWザウバーのニック・ハイドフェルド(31歳:ドイツ)にとって、今週迎えるドイツGPに賭ける意気込みはまたひとしおのものだ。
Nick Heidfeld (C)BMW Sauber F1 Team
拡大します
「もちろんどんなドライバーにとっても母国グランプリというのは特別なものだから、僕もこのドイツGPには格別な思いを持っている。
それにホッケンハイムでレースができるのは2年ぶりのことでもあるしね。
このホッケンハイムにはフォーミュラ・フォードに始まり、F3、F3000、そしてF1と様々な想い出があるんだ。
僕らはドイツ系のチームでもあるし、ここで一番の成績が残せたらそれは最高のことだね」

もちろんハイドフェルドが狙うのは表彰台の一番高い所だが、これまでここでは2002年の6位が最高の成績となる。

|

« バトン、『ROC』でシューマッハに雪辱へ | トップページ | 佐藤琢磨、「F1復帰のため全力挙げている」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイドフェルド、母国グランプリに意欲:

» F1 2008 BMWザウバー〜ドイツGPプレビュー [BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ]
地元ドイツでの戦いを前にチームのコメントです。 ニック・ハイドフェルド このホームグランプリをすごく楽しみにしている。ホッケンハイムはチーム全体にとってもすごく特別なレースなんだ。ホッケンハイムリンクにはいい思い出がたくさんある。 ロバート・クビサ 去年はここに来ていないから、チームにとって、特にBMWとBMWのファンにとっては特別な週末になるだろう。僕らはいつもベストを尽くす。 マリオ・タイセン 2008年に母国で行われるF1レースはここだけであり、当然のことながら... [続きを読む]

受信: 2008/07/13 13:50

« バトン、『ROC』でシューマッハに雪辱へ | トップページ | 佐藤琢磨、「F1復帰のため全力挙げている」 »