« ベルガー氏、「ベッテルは2年契約」 | トップページ | トヨタ ハンガリーGP事前ニュース »

2008/07/29

グロックの事故遠因はイギリスGPでの事故

ドイツGP決勝レースで起きたティモ・グロックのアクシデントについて原因究明を続けていたトヨタ・チームは、サスペンション破損の遠因が前戦イギリスGPでの事故にあるとの調査結果を明らかにした。
Timo Glock (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
それによれば、イギリスGPでグロックは何回かの接触事故に遭遇していて、その際に直接の事故原因とされるトラックロッドが損傷を受けていたと推定している。

イギリスGPのレース後、当然チェックを受けてドイツGPへと臨んだマシンだが、残念ながらこの段階で損傷を発見することができなかったようだ。

チームでは今後こうしたケースも想定し、再び同じような事故が繰り返されないよう検査工程を改善するとしている。

|

« ベルガー氏、「ベッテルは2年契約」 | トップページ | トヨタ ハンガリーGP事前ニュース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/42000889

この記事へのトラックバック一覧です: グロックの事故遠因はイギリスGPでの事故:

« ベルガー氏、「ベッテルは2年契約」 | トップページ | トヨタ ハンガリーGP事前ニュース »