« トヨタ ドイツGPフリー走行の模様 | トップページ | ブラウン代表(ホンダ)、「誰とも契約していない」 »

2008/07/19

ホンダ ドイツGPフリー走行の模様

honda_f1_logo「ドイツGP初日、バトン13番手、バリチェロ14番手」
7月18日・金曜日(初日フリー走行) 天候:曇り 気温:16~23度

第10戦ドイツGPの初日フリー走行で、Honda Racing F1 Teamのジェンソン・バトンは13番手、ルーベンス・バリチェロは14番手だった。

Honda Racing F1 Team 初日の展開:
2年ぶりの開催となる、ホッケンハイムでのドイツGP。
初日は朝から断続的に雨の降る、あいにくの天候となった。
それでも午前中のフリー走行開始頃には雨も止み、約1時間後にはドライタイヤでの走行が可能になった。
このセッション、バトンが12番手、バリチェロは16番手だった。

午後は薄日の射す天気となり、路面は完全にドライとなった。
気温も22度まで上がったが、路面温度は25度と、依然低いままだ。
Hondaの2台は午後、タイヤ比較を中心に走行する。

序盤、周回を重ねるものの、なかなかタイムが伸びない。
それでも残り30分を切り、バリチェロ、バトンは、12番手、13番手のタイムをマーク。
最終的にはバトン13番手、バリチェロ14番手だった。

Hockenheim Ring (C)Honda Racing
拡大します
■ジェンソン・バトン
1回目フリー走行 12番手 1分17秒131
2回目フリー走行 13番手 1分16秒542

Q.今日走った感想は?
A.慌しかったが、収穫のあるフリー走行だった。
プライム(ハード側)とオプション(ソフト側)のタイヤ評価に加え、どちらのセッションでも、バランスとセットアップに進歩が見られた。
まだ、バランスについて、完全に満足しているわけではないので、予選に向けて作業を続ける。

■ルーベンス・バリチェロ
1回目フリー走行 16番手 1分17秒500
2回目フリー走行 14番手 1分16秒677

Q.今日のフリー走行はどうだったか?
A.午前のセッションでは、満足のいくマシンバランスを見つけることができたものの、午後は残念ながら苦労した。
マシンは、午後、気温がやや高くなったことでグリップがかなり不足し、特にリアは不安定だった。
この問題を解決すべく、セッション中は奮闘した。
走行しやすいセットアップを見極めるため、今夜はたくさんやることがある。

■スティーブ・クラーク Honda Racing F1 Team  レース兼テスト担当 ヘッド・エンジニア

Q.先週のホッケンハイムテストと比較し、今日のトラックコンディションはどうだったか?
A.先週のテストよりも、ここ数日で降った雨のために、グリップがかなり減っていた。
これにより、テストのときにははっきりとしていなかった問題が起き、ブレーキングの安定性とトラクション不足が、今日のわれわれの最大の問題だった。
グリップ不足ではライバルたちより苦戦したかもしれないが、間違いなく、こういった状況に陥っているのはわれわれだけではない。
トラックがこれから良くなっていくので、このことが、われわれのパフォーマンスに反映されると期待している。

Q.ここからどういった改善をしていくのか?
また、天候が今週末の重要な要素になると予想しているか?
A.いつもどおり、今夜もすべてのデータを分析し、明日のマシン改善に備える。
ルーベンスのハンドリングに起こった問題はすでに理解できていて、今夜中に修正できるはずだ。
変わりやすい天候がこれからの週末のひとつの要素となりうる。
シルバーストンのレースでそうだったように、われわれはウエットで最高の結果をもたらしてきた。

|

« トヨタ ドイツGPフリー走行の模様 | トップページ | ブラウン代表(ホンダ)、「誰とも契約していない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41901031

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ ドイツGPフリー走行の模様:

« トヨタ ドイツGPフリー走行の模様 | トップページ | ブラウン代表(ホンダ)、「誰とも契約していない」 »