« 優勝のハミルトン、「困難だったが最良のレース」 | トップページ | ホンダ イギリスGP決勝レースの模様 »

2008/07/07

トヨタ イギリスGP決勝レースの模様

F1第9戦イギリスGP決勝 J.トゥルーリ7位入賞
3戦連続ポイント獲得、コンストラクターズポイントは4位に

天候:ウェットコンディション、気温16-18℃、路面温度15-23℃
コンストラクターズポイント:25ポイント(4位)
ドライバーズタイトルポイント:ヤルノ・トゥルーリ 20ポイント(7位)、 ティモ・グロック 5ポイント(14位)

F1世界選手権第9戦イギリスGPの決勝レースがイギリスのシルバーストーン・サーキットで行われた。
午後1時のスタート時からウェットコンディションだったため、スタートと共に各車から水煙が吹き上げられた。
パナソニック・トヨタ・レーシングの2台は、スタンダード・ウェット・タイヤを装着。
予選12番手からスタートを切ったティモ・グロックは、最初の周回で順位を上げ、途中までポイント圏内を走行していたが、途中から雨が強くなり、多くのクルマがスピンをする中、ティモもスピンを喫し、最終的に12位でレースを終えた。
一方、予選で苦しみ14番手からスタートしたヤルノ・トゥルーリは、粘り強い走行を続け順位を上げ、レース終わり間近で前を走っていた中嶋一貴を抜き、7位でチェッカーを受けて3戦連続ポイントを獲得した。
この結果、コンストラクターズポイントは4位に浮上した。
チームは、来週7月8日(火)から10日(木)の日程で行われる、ドイツ・ホッケンハイムでのF1合同テストに参加する。

Jarno Trulli (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
ヤルノ・トゥルーリ:カー・ナンバー11 シャシー:TF108/05
決勝:7位(トップと1周差)
予選ラップタイム:14番手
1分20秒601(トップと1.064秒差
グリッド:14番手

「今日は良いレースだった。
2ポイント獲得できたのは良かったけれど、もっと上を狙いたかった。
レースを通して、私はとても力強い走行ができていて、雨がひどくなった頃には3位まで順位を上げていた。
その時点で、コースは本当にひどい状態で、至るところでアクアプレーニングが発生し、1周あたり15秒も失っていた。
われわれは、エクストリーム・ウェット・タイヤに切り替える賭けに出るべきだった。
しかし残念ながら、その決定を下そうとした時点で、もうこれ以上雨が降らないのが分かったんだ。
それはただ、難しいコースコンディションにおける判断の難しさの問題だったのだけれど、後から考えると、われわれはタイヤを替えるべきだったね。
表彰台を獲得できるかもしれないぐらい、とても力強い走行が出来ていたから、残念だった。
そうは言っても、昨日の予選の後に2ポイント獲得できたのは悪くはないよね。
われわれは3戦連続でポイントを獲得した。
そして、その勢いを維持できるチャンスは十分にある。
われわれは、クルマをさらに改良するためにプッシュし続けなければならない。
そして、それぞれのレースでチャンスを生かさないといけない」

ティモ・グロック:カー・ナンバー12 シャシー:TF108/02
決勝:12位(トップと1周差)
予選ラップタイム:12番手
1分20秒274(トップと0.747秒差)
グリッド:12番手

「今日は、私にとって難しい一日だった。
第一スティントの間、私はタイヤに気を配ることに集中した。
そして、最初のピットストップまでは、すべてが順調だった。
その後、状況はとても厳しいものになった。
雨がひどくなった時、私にはトラクションが全くなく、クルマが滑るようになったんだ。
とてもひどいアクアプレーニングがあり、クルマをコース上に保てなかった。
今回は残念だったが、われわれは次のレースでもっと挑戦していくつもりだ。
ケルンの皆が一生懸命作業してくれて、クルマはとても良くなっているから、われわれはホッケンハイムで再びプッシュしていくつもりだ」

新居章年:技術コーディネーション担当ディレクター
「雨が降ったり止んだりの難しいコンディションだったが、ヤルノが7位に入賞してくれ、3戦続けてポイント獲得することができた。
レースのポイントの一つはヤルノ、ティモとも抜群のレーススタートでポジションを上げてくれたこと、また雨で足元をすくわれスピンし脱落していく車が多い中で二人揃ってゴールに車を持ってきてくれたことだと思う。
我慢強くレースをした二人のドライバーに感謝したい。
しかし予選でトップ10に入れなかったことは大きな反省材料であり、次のドイツに向けてはしっかり車のアップデートも図りたい。
またドイツはティモの地元であり、ヤルノと二人揃ってのポイント獲得を目指して頑張る」

山科忠:TMG会長 兼 チーム代表
「ヤルノは、今日再び素晴らしいレーシングスピリットを見せて、彼に与えられたグリッドポジションから、順位を上げて良い結果を手に入れてくれた。
彼はスタンダード・ウェット・タイヤを装着しながら、非常に難しいコンディションの中を踏ん張り、良いラップタイムを出しながらコース上にクルマを留めてくれた。
われわれは、過去に今日のようなタイプのレースに苦しんだことがあるので、彼がポイントを獲得してくれたのは非常に重要なことだ。
天候は回復すると感じていたので、われわれはエクストリーム・ウェット・タイヤに切り替えるよりもスタンダード・ウェット・タイヤを履き続けることを選択した。
その選択は最終的にはうまく行った。
われわれは、コンディションが変化するときに、どうタイヤを使いこなすかをいつでも分析しなければならないが、判断は即座にしなければならない。
ティモは、コースが最も濡れてひどい状態だった時に、コース上に車を保つように努力したが、このようなコンディションには、ヤルノのセッティングの方が向いていた。
ピット・クルーもまた、公式練習、予選、決勝の全体を通して素晴らしい仕事をしてくれた。
今日の結果により、われわれはコンストラクターズ・チャンピオンシップで4位に順位を上げた。
しかし、われわれは更に進歩を目指さなくてはならない。
次は、新しい空力パッケージを入れる、ホッケンハイムに向かうので、好結果を期待している」

What's Next?
トヨタは、2週間後のドイツGPの準備のため、8日火曜日から始まる3日間のテストに参加する。
またサードドライバーの小林可夢偉が来週のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに参加する。

|

« 優勝のハミルトン、「困難だったが最良のレース」 | トップページ | ホンダ イギリスGP決勝レースの模様 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41760153

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ イギリスGP決勝レースの模様:

» トヨタF1 第9戦 イギリスGP [ザッキ]
第9戦 イギリスGP  決勝   シルバーストン・サーキット トヨタヤルノ・トゥ [続きを読む]

受信: 2008/07/07 23:17

« 優勝のハミルトン、「困難だったが最良のレース」 | トップページ | ホンダ イギリスGP決勝レースの模様 »