« シューマッハ、母国GPでおもてなし | トップページ | トヨタ ドイツGP事前ニュース »

2008/07/16

ベルガー氏、セナのF1抜擢を考慮

独『スポーツ・ビルド』誌らが伝えるところによれば、トロ・ロッソの共同オーナーであるゲルハルト・ベルガー氏は、2009年シーズン、現在GP2で活躍するブルーノ・セナ(24歳:ブラジル)の起用を図っているということだ。
Ayrton Senna & Gerhard Bergar (C)Honda Racing
拡大します
同チームでは、引退するデビッド・クルサード(レッドブル)の後任にセバスチャン・ベッテルが最有力候補として挙げられていて、その代役にベルガー氏はかつてチームメイトだった故アイルトン・セナの甥であるセナの起用を推しているというもの。

セナは現在パンターノ(元ジョーダン)に続いてランキング2位。
ただ、同チームではレッドブル・グループを率いるディートリッヒ・マテシス/オーナーの発言力が強く、選考の行方は予断を許さない。
なお、セバスチャン・ボーデのほうは来季も残留が確実視されている。

|

« シューマッハ、母国GPでおもてなし | トップページ | トヨタ ドイツGP事前ニュース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41848490

この記事へのトラックバック一覧です: ベルガー氏、セナのF1抜擢を考慮:

« シューマッハ、母国GPでおもてなし | トップページ | トヨタ ドイツGP事前ニュース »