« トヨタ、「KERS」の2009年完全導入に疑問符 | トップページ | ヘレス合同テスト3日目はウェバー最速(7/24) »

2008/07/24

トヨタ ヘレステストの模様(7/23)

F1ヘレス合同テスト2日目
初日に引き続きヤルノ・トゥルーリがドライビングを担当

ドライバー:ヤルノ・トゥルーリ
コース長:4.423km

パナソニック・トヨタ・レーシングは、今週ヘレスで4日間行われる合同テストの2日目の作業を引き続き行った。
アンダルシアの太陽の下、昨日に続く蒸し暑さの中で、ヤルノ・トゥルーリはTF108のコックピットに戻った。
昨日行った2009年用のタイヤ作業の後、彼は今年のクルマに焦点を戻し、来週ブダペストで開催されるハンガリーGPの準備に専念した。
午後になって空力の比較作業に切り替える前に、彼は午前中をハンガロリンクのセットアップ作業に費やした。
全体的に見て、彼は問題のない走行を行い、81周を記録してテストを終えた。
ドイツGPでの激しい事故の後で、コックピットに戻る許可が下りたティモ・グロックが、明日のテストを引き継ぐ予定だ。

Jarno Trulli (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
ヤルノ・トゥルーリ:TF108/04
ベストラップタイム::1分20秒534
順位:7位
周回数:81周
走行距離:358.3km

「昨日行った2009年の準備の後で、今日は今年の作業に戻った。
今日のわれわれの焦点はハンガリーGPに向けた作業だった。
午後は風が強過ぎる上に、暑過ぎるので、午前中にセットアップに関する作業を行った。
ランチの後は、サーキットと風洞との空力上の相関関係について学び、ハンガリーGP用の空力パッケージをいくつかテストした。
今週後半には、より多くの空力パッケージをテストすることになっている。
今日は多くの周回数を重ね、われわれは進展を遂げた。
今日の目的はラップタイムを追求することではなく、クルマの改良に関する作業を行うことだった。
われわれは、コンストラクターズ・チャンピオンシップで接近して4位を争っており、
それを守り通したい」

ゲルト・プファイファー:テスト・チーム・マネージャー
「昨日に続いてここの気温は非常に高く、われわれは今日のプログラムを変えたほどだ。
コースコンディションが最も良い午前中に、われわれはハンガリーGPのためのセットアップ作業を行った。
ランチの後は、同じくハンガリーGP用の空力の比較作業に専念した。
ハンガロリンクはカレンダー上で最も高いダウンフォースを要するコースの一つなので、われわれはそこで導入する予定であるパッケージの作業に取り組んだ。
今日は目立った問題もなく、実り多い一日となった」

|

« トヨタ、「KERS」の2009年完全導入に疑問符 | トップページ | ヘレス合同テスト3日目はウェバー最速(7/24) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41957763

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ ヘレステストの模様(7/23):

« トヨタ、「KERS」の2009年完全導入に疑問符 | トップページ | ヘレス合同テスト3日目はウェバー最速(7/24) »