« ドイツGPフリー走行1回目、マクラーレン勢が最速 | トップページ | 中嶋一貴、マシントラブルでプログラム遅れる »

2008/07/18

フリー走行2回目もハミルトン最速

午前の1回目とは異なりドライ・コンディションではじめられた午後のフリー走行2回目セッションは、再びマクラーレンのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークして終えた。

2-3番手にはライバル・フェラーリのマッサとラインナップ。
マッサとの差は0.697秒というものだった。

ハミルトンの僚友コバライネンは4番手、レッドブルのウェバーが5番手、ルノーのアロンソが6番手に続いた。
以下、ウィリアムズのロズベルグ、BMWザウバーのクビサ&ハイドフェルド、レッドブルのクルサードが10番手。

トヨタはトゥルーリ12番手、グロック16番手。
ホンダもバトン13番手バリチェッロ14番手といずれもトップ10には入れなかった。
またウィリアムズの中嶋一貴も途中マシントラブルに見舞われたため17番手と出遅れた。

このセッションでもグロックやバリチェッロらのコースアウトはあったものの、特にマシンを損傷するようなアクシデントはみられなかった。

フリー走行2回目の結果はこちら

|

« ドイツGPフリー走行1回目、マクラーレン勢が最速 | トップページ | 中嶋一貴、マシントラブルでプログラム遅れる »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フリー走行2回目もハミルトン最速:

» 2008年F1ニュース(7月13日〜7月19日) [kanji's資料館]
●2008年第10戦ドイツGP金曜フリー走行(7月18日)●SAF1復活計画?(7月13日) [続きを読む]

受信: 2008/07/19 09:11

» F1ドイツGP フリー走行2回目 [Yothのエボ日記×JUGEM(勝手に(笑))]
【F1】 F1ドイツGPのフリー走行2回目が終わりました。 1回目とは違い、最初からドライでのセッション開始となりました。 [続きを読む]

受信: 2008/07/19 19:51

« ドイツGPフリー走行1回目、マクラーレン勢が最速 | トップページ | 中嶋一貴、マシントラブルでプログラム遅れる »