« 中嶋一貴、予選『Q3』突破 | トップページ | カナダGPポールはハミルトンの手に »

2008/06/08

予選『Q2』もハミルトンがトップ

予選『Q2』が終了、このセッションもトップタイムはマクラーレンのハミルトンだった。
2-3番手にフェラーリのマッサとライコネン、4番手にルノーのアロンソ、5番手レッドブルのウェバー、以下BMWザウバーのクビサ、マクラーレンのコバライネン、BMWザウバーのハイドフェルド、ウィリアムズ・チームのロズベルグ、そして10番手がホンダのバリチェッロ。

ここで脱落したのはトヨタのグロック、ウィリアムズ・チームの中嶋一貴、レッドブルのクルサード、トヨタのトゥルーリ、そしてルノーのピケの5台。
10位通過のバリチェッロと中嶋一貴とのサーキットはわずか0.04秒というものだった。

なお、路面のアスファルトの痛みがひどく、セッションを重ねるごとにタイムは遅くなる有り様、スピンも数多く起きている。

|

« 中嶋一貴、予選『Q3』突破 | トップページ | カナダGPポールはハミルトンの手に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41460901

この記事へのトラックバック一覧です: 予選『Q2』もハミルトンがトップ:

« 中嶋一貴、予選『Q3』突破 | トップページ | カナダGPポールはハミルトンの手に »