« F1ドライバー勢、ルマン予選で大活躍! | トップページ | ベルガー氏、「売却話、聞いてない」 »

2008/06/12

トヨタ オベ・アンダーソン氏追悼リリース

トヨタモータースポーツ、オベ・アンダーソン氏の逝去を悼む

トヨタ・モータースポーツ有限会社(以下、TMG)は、オベ・アンダーソン氏(享年70)の突然の逝去に深い哀悼の意を表する。
Ove Andersson (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
オベ・アンダーソン氏は“ミリガン・ビンテージ・トライアル”での競技中に事故に巻き込まれた。
レース時に彼が運転していたクラシックカーは、見通しの悪いコーナーで正面衝突した。

TMGは、この度の訃報に接しオベ・アンダーソン氏のご家族に心からのお悔やみを申し上げる。

山科 忠(TMG会長)コメント
「トヨタの全員が、この度の悲報に強いショックと深い悲しみを覚えている。
オベは、われわれのチーム及びモータースポーツに関わる多くの方々を鼓舞する存在だった。
モータースポーツに対する彼の情熱は伝説的であり、オベの死は我々のスポーツにとって非常に大きな損失である。
この度の悲報に際し、トヨタ・モータースポーツ全員の思いはオベのご家族と共にある」

トヨタ・チーム・ヨーロッパはオベ・アンダーソン氏自身のチームであるアンダーソン・モータースポーツから発展し、その設立にオベ・アンダーソン氏は尽力した。
トヨタ・チーム・ヨーロッパは、その後ケルンに拠点を移し、1993年にトヨタ・モータースポーツ・GmbH(TMG)となった。
オベ・アンダーソン氏のリーダーシップの下、トヨタは世界ラリー選手権に参加し成功を収め、4度のドライバーズ・チャンピオンシップと3度のコンストラクターズ・チャンピオンシップを獲得した。
また1999年のル・マン24時間耐久レースでは2位を獲得した。
オベ・アンダーソン氏は、2002年にパナソニック・トヨタ・レーシングをフォーミュラ・ワンへと導き、2003年にチーム代表を退任後、チームコンサルタントとなった。

|

« F1ドライバー勢、ルマン予選で大活躍! | トップページ | ベルガー氏、「売却話、聞いてない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41508385

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ オベ・アンダーソン氏追悼リリース:

» トヨタF1 初代チーム代表 オベ・アンダーソン事故死 [ザッキ]
「パナソニック・トヨタ・レーシング」(トヨタF1)の初代チーム代表オベ・アンダー [続きを読む]

受信: 2008/06/12 22:16

» 訃報・オベ・アンダーソン氏事故死 [AllforWIN!Blog館 MotorSports大好き]
往年のラリードライバーであるオベ・アンダーソン氏が事故死したことが報じられました。トヨタオベ・アンダーソン氏追悼リリース 南アフリカで行われたクラシックカー・ラリー“ミリガン・ビンテージ・トライアル”で、対向のトラックと激突して死亡したとのこと、享年7...... [続きを読む]

受信: 2008/06/12 22:22

» トヨタ オベ・アンダーソンの死を悼む [Fー1 Japan Power]
トヨタモータースポーツGmbHは、70歳のオベ・アンダーソンの不慮の死について、深い悲しみを表明した。トヨタはプレスリリースの中で、アンダーソンの家族に対して哀悼の意を表した。 元トヨタF1チームの代表であるアンダーソンは、ミリガン・ヴィンテージ・トライ....... [続きを読む]

受信: 2008/06/13 00:13

« F1ドライバー勢、ルマン予選で大活躍! | トップページ | ベルガー氏、「売却話、聞いてない」 »