« デニス代表、ハミルトンのペナルティに不満顔 | トップページ | シルバーストーンテスト、初日はマッサ最速!(6/24) »

2008/06/24

起死回生のポイント獲得だったピケ・ジュニア

フランスGP決勝レースで7位入賞、今季初のポイント獲得を果たしたルノー・チームのネルソン・アンジェロ・ピケ(22歳:ブラジル)は表向き「パフォーマンスを示すスタート」と冷静さを保っているが、自身の置かれた立場を考えるとまさに「起死回生のポイント獲得」と言えそうだ。
Nelson Angelo Piquet (C)Renault F1 UK
拡大します
「遅かれ早かれ、この時は来ると確信していたので、別にプレッシャーを感じてもいなかったよ。
これからさらにこの雪だるまを大きくしていくだけさ」と語る、偉大なチャンピオンの子息。

しかし今季開幕から続く「大不振」に、レース前はシーズン中にもシートを失うとの噂が出る有り様で、先に行われたバルセロナテストはまさにルノー・チーム挙げての「ピケのためのピケのテスト」の様相。
最終日みごとトップタイムをマークして自信を取り戻させたとも伝えられていた。

ピケは2006年GP2シリーズ2位、この時のチャンピオンが現マクラーレンのハミルトン。
今回、チームのホームグランプリであるフランスGPでチームメイトであるアロンソを上回っての7位入賞ということで、当分口さがないパドック雀らを黙らせることになりそうだ。

|

« デニス代表、ハミルトンのペナルティに不満顔 | トップページ | シルバーストーンテスト、初日はマッサ最速!(6/24) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41631587

この記事へのトラックバック一覧です: 起死回生のポイント獲得だったピケ・ジュニア:

» フランスGP [まだだ、まだ終わらんよ…~SAF1はあと○年は戦える~]
今回ももはやBGM状態で見てたフランスGP。 ライコネンがまさかあんな形で順位を落とすとは思わず、トゥルーリも誰だったか忘れましたが、弔い合戦を見事決め、ピケJrはピンチ脱出のポイント獲得、ハミルトンはまたもやノーポイント(ほんまハミルトンはあせりに弱いんですね)など見所はたくさんあったような感じですが、いまいち乗りませんでした。 FMotorsportsより フランスGPはフェラーリのマッサが優勝 ライコネン、イギリスGPではエンジン交換へ 起死回生のポイント獲得だったピケ・ジュニア... [続きを読む]

受信: 2008/06/24 13:14

« デニス代表、ハミルトンのペナルティに不満顔 | トップページ | シルバーストーンテスト、初日はマッサ最速!(6/24) »