« マッサはクビサ警戒もBMWザウバー首脳は否定 | トップページ | メルセデス首脳、コバライネンをフォロー »

2008/06/06

マクラーレン、再びピット位置変更される

前戦モナコGPでは最後尾位置のピットを与えられていたマクラーレン・チームだが、今週のカナダGPでは再びランキング5番手に相当するポジションに変更されたことがわかった。
McLaren Team Pit Gantry (C)McLaren Group
拡大します
昨シーズンのいわゆる『スパイ疑惑事件』への処分により、全コンストラクターズ・ポイント剥奪という処分を受けた同チームはランキング最下位ということから今シーズンは当然一番端のピットが割り当てられる筈だったが、幕を開けてみると不可解な「5番手」相当のピットを得ていたため、ライバル・チームから異議が唱えられ、第3戦のバーレーンGPからは端に変更されていた。

しかし今回、再び5番手ピットに変更されたことから、結局今シーズン残りはずっとこの位置でいくことになりそうだ。

こうした不可解な変更の裏には、FIA(国際自動車連盟)と、バーニー・エクレストン氏率いるFOA(フォーミュラ・ワン・アドミニストレーション)との確執があるとも言われているが、これについて当のエクレストン氏は、「単に間違えただけだよ」と、一笑に付している。

|

« マッサはクビサ警戒もBMWザウバー首脳は否定 | トップページ | メルセデス首脳、コバライネンをフォロー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41440463

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン、再びピット位置変更される:

» マクラーレン再び5番ピットへ [F1 2008]
開幕から去年のポイント剥奪により本来なら一番端のピットにいかなければならなかったマクラーレンだがいろいろな力(バーニー) [続きを読む]

受信: 2008/06/07 22:59

« マッサはクビサ警戒もBMWザウバー首脳は否定 | トップページ | メルセデス首脳、コバライネンをフォロー »