« ハミルトン&ロズベルグ、次戦予選降格ペナルティ | トップページ | フェラーリ、「ペナルティでチャンスは戻らない」 »

2008/06/09

中嶋一貴(ウィリアムズ)、「避けきれなかった」

カナダGP決勝レースで一時総合2番手を走行するなど健闘をみせたウィリアムズ・チームの中嶋一貴(23歳)だったが、これから後半というところで前を走っていたホンダのジェンソン・バトンに追突、戦線離脱を余儀なくされた。
Williams Duo (C)Williams F1
拡大します
「今日のレースではさまざまなことが起きていたけれど、自分に関してはそれまでとてもうまくいっていた。
ところがバトンの直後を走っていた時、ヘアピンの真ん中で彼のマシンが突然マーブル(路面上の小片)に乗ってトラクションをなくし失速してしまったんだ。
それで僕は避けきれずに接触してしまった訳。
脱落した自分のフロントウィングがマシンの下に入りこみ、ステアリングが切れずに曲がれなくなってしまったんだ。
それで僕のレースは終わりさ」

また再三のピットストップを強いられた僚友ニコ・ロズベルグのほうも、結局10位フィニッシュで今回ポイント獲得はならなかった。

|

« ハミルトン&ロズベルグ、次戦予選降格ペナルティ | トップページ | フェラーリ、「ペナルティでチャンスは戻らない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41480635

この記事へのトラックバック一覧です: 中嶋一貴(ウィリアムズ)、「避けきれなかった」:

» F1グランプリ Fuji TVオープニング映像集 [世界の衝撃映像集]
フジテレビ系「F1グランプリ」番組(89、91、93、95、96、01、02年)のイントロ部分を集めたもの。当時のCG技術や細かな演出の変化が面白い。時代とともに空力技術が進歩し、マシンのボディデザインが少しずつ変わっていくのがわかる。89年と02年を比べてもらえると、...... [続きを読む]

受信: 2008/06/09 14:29

» BMWザウバーが、ワン・ツー! [Station-wagon<ステーションワゴン>]
2008F1第7戦カナダGPは、BMWザウバーのR・クビカが初優勝!更に、同じBMWザウバーのニック・ハイドフェルドが2番手に入り史上初のBMWワン・ツーで終えた。 3番手には、レッド・ブルのクルザードが4番手には初入賞TOYOTAのグロックが、5番手にはフェラ...... [続きを読む]

受信: 2008/06/10 00:08

» 中嶋 「避けきれなかった」 [Yothのエボ日記×JUGEM(勝手に(笑))]
【F1】 カナダGPではバトンに追突してウィングを壊し、あげくリタイアとなった中嶋。 追突の原因はバトンの失速にあると、中島がコメント。 [続きを読む]

受信: 2008/06/10 21:33

« ハミルトン&ロズベルグ、次戦予選降格ペナルティ | トップページ | フェラーリ、「ペナルティでチャンスは戻らない」 »