« 初優勝クビサ、「自分、チーム、国とファンのため」 | トップページ | グロック(トヨタ)、「トゥルーリには申し訳ない」 »

2008/06/09

ブリヂストン カナダGP決勝レースニュース

2008年F1世界選手権 カナダGP 決勝レース

Image (C)Redbull Racing
拡大します
2008 FIA Formula One World Championship 第7戦 カナダGP  
開催場所: モントリオール 開催日: 6月 6日 ~ 6月 8日

FIA F1世界選手権第7戦カナダGP決勝レースは、ソフト・ソフト・スーパーソフトのタイヤ戦略で戦ったロバート・クビサ(BMWザウバーF1チーム)がF1初優勝を達成した。

フロントーからスタートしたクビサは、レース序盤は2位のポジションをキープ。
スタートからレースをリードしていたルイス・ハミルトン(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)がミスを犯し、ピット出口の赤信号で止まっていたキミ・ライコネン(スクーデリア・フェラーリ・マールボロ)の後方に衝突、両ドライバーはリタイヤとなり、クビサはポジションを上げた。

2ストップのクビサに対してソフト・スーパーソフトの1ストップ戦略で戦ったチームメイトのニック・ハイドフェルドとのトップ争いも見られたが、クビサはハイドフェルドに16.4秒の差をつけてチェッカーフラッグを受けた。

デイビッド・クルサード(レッドブル・レーシング)が3位で2006年モナコGP以来の表彰台を達成した。
ティモ・グロック(パナソニック・トヨタ・レーシング)が2004年カナダでF1デビューを飾って以来の初ポイントを獲得、5位は3ストップ戦略で戦ったフィリペ・マッサ、6位はヤルノ・トゥルーリ(パナソニック・トヨタ・レーシング)だった。
ルーベンス・バリチェロ(ホンダ・レーシングF1チーム)が7位、セバスチャン・ベッテル(スクーデリア・トロロッソ)が8位でポイントを獲得した。

今回のカナダGPは、ドライバーにとってはチャレンジングな波乱のレースとなった。
土曜日には路面のトラブルがあり、その夜、コースには部分的に再舗装が施されたが、レースでも路面が割れるという問題が引き続き発生した。
このような状況の中でもソフト及びスーパーソフト・コンパウンドのブリヂストン・ポテンザタイヤは力強い性能を発揮した。
今回のレースの最速ラップタイムは、スーパーソフトでキミ・ライコネン(スクーデリア・フェラーリ・マールボロ)が14周目に記録した1分17秒387だった。

現在、42ポイントのクビサがドライバーズ・チャンピオンシップをリード、2位は38ポイントのハミルトン、3位はハミルトンと同ポイントのマッサ。
コンストラクターズ・チャンピオンシップでは、73ポイントのスクーデリア・フェラーリ・マールボロがリードを続けている。
2位は70ポイントのBMWザウバーF1チーム、53ポイントのボーダフォン・マクラーレン・メルセデスが3位に続く。
次のF1グランプリは6月20日-22日にマニクールで開催されるグランプリ・デュ・フランス。
ブリヂストンのミディアム及びソフト・コンパウンドのポテンザタイヤが使われる予定だ。

浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部長
「初優勝を果たしたロバート・クビサとBMWザウバーにお祝いを申し上げます。
ポーランドにはブリヂストンの大規模な工場がありますので、今日のロバートの優勝は同工場の社員へのとても良いプレゼントになりました。
昨年、クビサはこのサーキットで大事故を起こしていますので、そのことを考えるとさらに素晴らしい走りだったと思います。
BMWザウバーにとっては、優勝そして2位入賞と完ぺきなリザルトでした。
難しいコース・コンディションでしたが、タイヤは高いパフォーマンスを発揮し、昨年このサーキットで経験したトラブルも一切発生しませんでした。
路面が割れる問題があったため、特にターン10はドライバーにとっては難しかったと思います。
これが原因のミスが数多く見られました」

提供:ブリヂストン・モータースポーツ

|

« 初優勝クビサ、「自分、チーム、国とファンのため」 | トップページ | グロック(トヨタ)、「トゥルーリには申し訳ない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41478325

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン カナダGP決勝レースニュース:

» Rd.7 カナダGP決勝 [ありきたりの毎日の中で ]
毎年荒れるカナダ・・・今年はどんな顔を見せてくれたのか・・・ 結果は折りたたみです。 [続きを読む]

受信: 2008/06/09 08:10

» Rd.7 カナダGP決勝 [ありきたりの毎日の中で ]
毎年荒れるカナダ・・・今年はどんな顔を見せてくれたのか・・・ 結果は折りたたみです。 [続きを読む]

受信: 2008/06/09 08:11

» ブリヂストンカナダGP決勝レースレポート [Fー1 Japan Power]
FIA F1世界選手権第7戦カナダGP決勝レースは、ソフト・ソフト・スーパーソフトのタイヤ戦略で戦ったロバート・クビサ(BMWザウバーF1チーム)がF1初優勝を達成した。 フロントローからスタートしたクビサは、レース序盤は2位のポジションをキープ。スタートから....... [続きを読む]

受信: 2008/06/11 01:30

« 初優勝クビサ、「自分、チーム、国とファンのため」 | トップページ | グロック(トヨタ)、「トゥルーリには申し訳ない」 »