« ウェバー、「ドライバーのストライキは困難」 | トップページ | グロック(トヨタ)、「自分が悪かった」 »

2008/06/28

マクラーレン、「スペインGPの事故はホイール塗装」

マクラーレン・チームは、4月に行われたスペインGP決勝レースで同チームのヘイキ・コバライネンが見舞われたアクシデントについて、その原因は「ホイールの塗装にあった」との推測を示している。
ENKEI Wheel (C)McLaren Group
拡大します
クラッシュは22周目高速で臨んだ9コーナーで発生。
当時、アクシデントは「おそらくデブリ(屑・破片)を拾った左フロントタイヤがバースト、ホイールの破損を引き起こしてコントロール不能になった」との見解を示していた。

その後ホイールメーカーである『エンケイ』と共に究明に当たった結果、マーティン・ウィットマーシュCEOは「コンポーネントの効率と寿命向上のため施されるホイールのラッカー塗装の際、リムの中央部分がマスキングされていなかったため」と事故原因の可能性について説明した。

なお『エンケイ』(旧:遠州軽金属)は日本が誇るホイールの世界的トップメーカー。
マクラーレン・チームには10年以上F1用ホイールを供給していて、同氏は「これでわれわれの信頼関係に影響が出ることはまったくない」と強調した。

|

« ウェバー、「ドライバーのストライキは困難」 | トップページ | グロック(トヨタ)、「自分が悪かった」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41668553

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン、「スペインGPの事故はホイール塗装」:

» F1:マクラーレン正に皮1枚以下がアクシデントの原因に [:: 246 log ::]
スペインGP、260km/hの高速コーナーで左フロントのホイールが割れコントロー... [続きを読む]

受信: 2008/06/28 12:16

» スペインGPでの事故原因が判明 [F1 2008]
スペインGP決勝で コバライネンが22周目高速で臨んだ9コーナーで左フロント部分が破損してクラッシュした原因が判明 当初 [続きを読む]

受信: 2008/06/29 15:59

« ウェバー、「ドライバーのストライキは困難」 | トップページ | グロック(トヨタ)、「自分が悪かった」 »