« フロント・フレキシブルウィング、規制強化 | トップページ | ジェネ(フェラーリ)、クラッシュでカナダGP欠場 »

2008/06/04

ホンダ カナダGP事前ニュース

honda_f1_logoHonda Racing F1 Teamは今週再びヨーロッパを離れ、カナダへと向かう。

モントリオールのジル・ビルヌーブサーキット(全長4.361km、全70周)で行われる、第7戦カナダGP。
去年まではアメリカGPとの2連戦だったが、今年はこれが北米唯一のグランプリとなる。

サーキットのあるノートル・ダム島は、1967年に開催された万博用地として、セント・ローレンス川に作られた人口島である。
その後1976年のオリンピックの際には、ボート競技の舞台にもなった。
カナダGPはここで1978年から行われている。

コースは6本の直線をシケインや低速コーナーでつなぐというレイアウト。
マシンには、かなり低いダウンフォースが求められる。
ターン10のヘアピンから最終シケインまでの直線が最長で1kmほどある。
そのためブレーキング直前では、最高速は時速324kmになる。

Ros Brawn (C)Honda Racing
拡大します
カナダGPに挑むにあたり、チームプリンシパルのロス・ブロウンは、前戦モナコGPを振り返り、次のように語る。

「前戦モナコGPでのRA108のパフォーマンス、速さは、満足できるものだった。
ポイントが獲得できたこともよかったし、何よりルーベンスにとっては今季初入賞だった。
しかし今週末のカナダは、モナコとはまったく違う挑戦になる。
ダウンフォースは中から下、モナコとは対照的なクルマ作りが求められる。
長い直線と低速コーナーの組み合わせは、マシンへの負荷もかなり大きくなる。
ここ数戦での進化には、素直に喜んでいる。
しかしわれわれのクルマは依然として、ストレートでの最高速が欠けている。
この週末、いかにマシン性能を十分に引き出すかが、カギになるだろう。
モナコよりも、厳しいレースになりそうだ」

|

« フロント・フレキシブルウィング、規制強化 | トップページ | ジェネ(フェラーリ)、クラッシュでカナダGP欠場 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41422061

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ カナダGP事前ニュース:

» ホンダの来季ラインナップは“オールブリティッシュ”? [Fー1 Japan Power]
早くも来シーズンの体制を・・・琢磨は!? ホンダの2009年のドライバーラインナップは、“オールブリティッシュ”になるかもしれない。現レースドライバーのジェンソン・バトンはチームの将来は明るいと強く主張しており、テストドライバーのマイク・コンウェイがレース....... [続きを読む]

受信: 2008/06/07 00:54

« フロント・フレキシブルウィング、規制強化 | トップページ | ジェネ(フェラーリ)、クラッシュでカナダGP欠場 »