« ロズベルグ今季予選最高位、中嶋一貴無念 | トップページ | クビサ初優勝! BMWザウバー1-2フィニッシュ »

2008/06/08

ブリヂストン カナダGP公式予選ニュース

2008年F1世界選手権 カナダGP 予選

Image (C)Redbull Racing
拡大します
2008 FIA Formula One World Championship 第7戦 カナダGP [予選]
開催場所: モントリオール 開催日: 6月 6日 ~ 6月 8日

サーキット・ジル・ヴィルヌーブで開催されているFIA F1世界選手権第7戦カナダGPは、ルイス・ハミルトン(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)がブリヂストン・ポテンザのスーパーソフト・コンパウンドでポールポジションを勝ち取った。

ハミルトンは素晴らしい予選ラップで1分17秒886を記録、2位のロバート・クビサ(BMWザウバーF1チーム)に0.6秒以上の差をつける結果となった。
クビサは、昨年、劇的なアクシデントを経験したサーキットでフロントローからスタートを切ることになった。
2列目はキミ・ライコネン(スクーデリア・フェラーリ・マールボロ)が3位、フェルナンド・アロンソ(INGルノーF1チーム)が4位からスタート、ニコ・ロズベルグ(AT&Tウィリアムズ)とフィリペ・マッサ(スクーデリア・フェラーリ・マールボロ)がそれぞれ5位と6位で3列目からのスタートとなる。

ヘイッキ・コヴァライネン(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)とニック・ハイドフェルド(BMWザウバーF1チーム)が4列目、ルーベンス・バリチェロ(ホンダ・レーシングF1チーム)とマーク・ウェバー(レッドブル・レーシング)までが予選トップ10だった。

午前中のフリー走行では、ソフト・コンパウンドを装着したロズベルグが1分16秒555の最速ラップタイムを記録、1分16秒589を記録した2位のライコネンとの差はわずか0.03秒程度の僅差だった。
このセッションは壁に接触してクルマにダメージを負ったセバスチャン・ベッテル(スクーデリア・トロロッソ)のアクシデントで一時中断されている。

ドライ・コンディションの今日はコースにラバーが乗り、昨日よりもコースコンディションが改善された。
天気は金曜日から一転、快晴で一日中気温も高かった。
この日の最速ラップタイムは、予選Q1でソフト・コンパウンドを装着してハミルトンが記録した1分16秒909だった。

浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部長
「スーパーソフト・コンパウンドは終日好調でした。
気温と路面温度が上昇するにつれて、どちらのコンパウンドも高い性能を発揮しました。
特に、気温が高くなったことでコースにラバーが乗りタイヤのグレーニングの発生が抑えられました。
とても速い予選ラップでポールポジションを獲得したルイス・ハミルトン、おめでとうございます。
路面にかなりの損傷があり、アスファルトのカスが路面をとても滑りやすくしていたために運転が難しかったと思います。
明日は異なるタイヤ選択が可能ですので、チームがどのようなタイヤ戦略でレースに挑むのかが非常に興味深くなるでしょう」

参考データ(フリー走行/予選)
合計走行周回数: 708周
1台あたりの平均周回数: 35周
最多走行周回数: 45周(ライコネン)
最速ラップタイム: 1分16秒909(予選第1セッション、ハミルトン)
コンパウンド: ソフト/スーパーソフト/ウェット/エキストリームウェット

2007年カナダGP
BMWザウバーF1チームのニック・ハイドフェルドに4.3秒差の差をつけて、ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンが2007年カナダGPに優勝。
3位はアレックス・ブルツ(AT&Tウィリアムズ)だった。ハミルトンはソフト・ソフト・スーパーソフトのタイヤ戦略で優勝した。

提供:ブリヂストン・モータースポーツ

|

« ロズベルグ今季予選最高位、中嶋一貴無念 | トップページ | クビサ初優勝! BMWザウバー1-2フィニッシュ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41462568

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン カナダGP公式予選ニュース:

« ロズベルグ今季予選最高位、中嶋一貴無念 | トップページ | クビサ初優勝! BMWザウバー1-2フィニッシュ »