« 地元自治体、シルバーストーン改修を了承 | トップページ | FIA、バレンシア市街地特設コースに「OKサイン」 »

2008/05/30

ロズベルグ(ウィリアムズ)、「体調バッチリ」

好調な体制を維持したまま迎えたモナコGPにもかかわらず、レース終盤のクラッシュという思わぬ結末を演じたウィリアムズ・チームのニコ・ロズベルグ(22歳:ドイツ)は、体調は問題ないところをチームのサイトで宣言した。
Nico Rosberg (C)Williams F1
拡大します
「まず最初に、僕の身体がまったく問題ないということを言いたいね。
確かにアクシデントは大きなものだったけど、でも少なくとも僕については何もダメージはなかったんだ。
病院に収容されたのはあくまでも検査のため。
僕は必要ないと思ったんだけどね。
案の定、『プレンセス・グレース病院』での検査結果は全ての要素で全然異常がないことを証明してくれたよ。
今はもう、次のモントリオールでのレースにベストを尽くすことだけを考えているよ」

アクシデントの原因は、ドライタイヤでプッシュしていたロズベルグがプール・シケインへのブレーキングで濡れた部分に乗り、コントロールを失ってしまったものと推定されている。

|

« 地元自治体、シルバーストーン改修を了承 | トップページ | FIA、バレンシア市街地特設コースに「OKサイン」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41368702

この記事へのトラックバック一覧です: ロズベルグ(ウィリアムズ)、「体調バッチリ」:

» [F1]ニコ、検査結果は異常なし [試行錯誤のすぱいらる]
モナコGPでレース終盤にクラッシュを演じてしまった、ウィリアムズのニコ・ロスベルグですが、体調は問題なしとのこと。 病院に運ばれたと聞いて心配になりましたが、ロスベルグ曰く、「病院に収容されたのはあくまでも検査のため。僕は必要ないと思ったんだけどね。... [続きを読む]

受信: 2008/05/30 10:07

« 地元自治体、シルバーストーン改修を了承 | トップページ | FIA、バレンシア市街地特設コースに「OKサイン」 »