« フィジケーラ(F・インディア)、モナコで200戦目 | トップページ | クビサ『ロレンツォ・バンディーニ賞』受賞 »

2008/05/20

スチュワート氏、「モズレーいなくても平気」

スキャンダル問題から窮地に追い詰められているマックス・モズレーFIA会長が、各国のACN(モータースポーツ権能団体)代表に残留を嘆願する手紙を送ったことが報じられたが、これを元F1チャンピオンのジャッキー・スチュワート氏が酷評している。
Sir Jackie Stewart (C)Williams F1
拡大します
これは英『ニュース・オブ・ザ・ワールド』紙が伝えたもので、それによればスチュワート氏は「彼がいなければF1が立ち行かなくなるなんてナンセンスなこと。
彼が例え明日死んだとしても、FIA(国際自動車連盟)は何事もなくちゃんとやっているよ。
これだけのスキャンダルを起こしたモズレーが会長職に留まる理由なんて何もないのさ」と、明快だ。

モズレー会長とスチュワート氏とはこれまでも対立した経緯があり、決して円満な仲とはいえないようだ。

|

« フィジケーラ(F・インディア)、モナコで200戦目 | トップページ | クビサ『ロレンツォ・バンディーニ賞』受賞 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/41266061

この記事へのトラックバック一覧です: スチュワート氏、「モズレーいなくても平気」:

» MI5がなぜ関係したのか? [F1 2008]
モズレーのスキャンダルになぜか MI5(イギリス情報局保安部)の情報部員が辞任 理由は、奥さんがスキャンダルのビデオに映 [続きを読む]

受信: 2008/05/21 01:37

« フィジケーラ(F・インディア)、モナコで200戦目 | トップページ | クビサ『ロレンツォ・バンディーニ賞』受賞 »